喫茶店の長居客対策

2019.04.22 Monday

喫茶店はラーメン屋と違い、基本的には長居するところです。コーヒーを飲みながらゆっくり休憩したり本を読んだり友人とおしゃべりしたり...というのが正しい使い方です。コーヒー1杯をダッシュで飲んで出ていく人は滅多にいません。

 

しかし繁忙時にコーヒー1杯で何時間も居座られると、さすがに困るのでしょう。都心の繁忙店では、このような掲示を見ることがよくあります。

 

 

まあ、単に長居だけでなく、他のお客さんが見ていて不快に思うようなことは、禁止するのが当然です。しかしこれを掲示することによりけん制する効果があることは確かですが、スタッフが実際に声をかけるのは中々難しいかも知れませんね。素直に出ていってくれればいいものの、トラブルに発展することだってあるわけです。

 

どんな商売でも、その商売固有の難しい問題があるものです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック