令和ビジネス

2019.05.03 Friday

今日見た企業のホームページは、トップに大きく「祝・令和」と書いてありました。また近所のペットショップでは、「令和おめでとう!」と書いて、なんと、福袋が売られていました。

 

一昨日のブログに「正月が2回来た」と書きましたが、ホントに、完全、正月と同じ感じです。

 

しかし...何と言うのが正しいのでしょう?「祝・令和」とか、「令和おめでとう!」でいいのでしょうか?「謹賀令和」とか?「新時代、明けましておめでとうございます。」とか?「新時代もよろしくお願いします。」とか?

 

考えてみたら昭和から平成に変わった時も、そのずっと前に大正から昭和に変わった時も、前の天皇が崩御したことで元号が変わっているので、国を挙げて喜ぶということがありませんでした。その意味で、新時代をみんなで喜ぶのは今回が近代の歴史の中では初めてなわけです。なので、正しい祝い方は存在しないのですね。

 

何でもありだと思います。冒頭で書いた、ペットショップの福袋なんて、立派じゃないですか!その他、バーゲンなんかもあるかも知れません。

 

誰にも怒られるわけでもなく、不謹慎でもありません。むしろ良いことだと思います。多くの人がこれをうまく利用して、国全体として少しでも経済効果が上がれば素晴らしいことだと思います。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック