いまだ変わらないホームページ=ITという考え

2019.06.01 Saturday

当たり前ですが、この10年で時代は大きく変わりました。今や日本ではインターネットが完全に浸透し、メールを使わない会社、ホームベージがない会社もほぼ無くなったと言えます。

 

しかしですね…。

 

いまだに、ホームベージ作成やアップデートをIT担当者に任せている会社が多いのには驚かされます。本当は、ホームベージの中でITが担当するべきなのはサーバの設定やプログラミングなど、ごく一部の技術的な仕事のみなのです。それ以外のこと、例えば載せる内容を考えたり文章ん書いたりというのは当然営業や広報の仕事です。また、これらの内容は会社の方針や戦略にも直結していることを考えると社長や役員が介入すべきことのはずです。しかし、それを「おれはITのことはわからん!」とか言って入社間もない技術者に任せっぱなしというのは、私に言わせればテレビコマーシャル作りを電気屋さんに任せているのと同じことなのです。

 

これだけインターネットが普及し多くの会社がホームページやウェブマーケティングを活用して成果を上げていることを認識していないのでしょうか?

 

時代が変わって世の中が大きく変わる中、新しいことを理解しようとすらしない人が多いのは残念なことです。
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック