難しい海外との電話会議

2019.06.05 Wednesday

以前の仕事の時からそうでした。なぜか海外、特に米系のお客様は電話会議が好きです。日本と違い、国土が広く会いに行くのは非効率なので、普及したのだと思います。

 

そしてネット時代になったおかげで、チャットやメールという世界共通でほぼ無料で使える便利なツールが出来たにもかかわらず、同時に国際電話での電話会議もほぼ無料で手軽にできるようになったため、一向に数が減らない気がします。

 

海外との電話会議って、相手の国にもよるものの、時差の関係で大抵は日本が一番不利になってしまいます。それでも二カ国ならお互いに譲り合って調整可能ですが、三カ国、四カ国になると大変です。よくあるのが、東京、ロンドン、ニューヨークの三拠点か、それにシンガポールや香港が入るパターンです。そうすると、日本にいる人が譲歩する以外に手はありません。大抵は夜10時とか11時のスタートになってしまいます。

 

まあ、海外相手の仕事をするからには時差の苦労はいつの時代でもどの業種でも避けられないものですし我慢するしかないのですが...ネット時代になったのに改善されないのは残念ですね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック