値引き交渉する人、しない人

2019.08.07 Wednesday

東京でB2B、つまり法人向けのビジネスをしていると、値引き交渉になることが滅多にありません。見積もりに対して「安くしてください」と言われることは10回に1回くらいですし、私が会社として何かを買う時も値引き交渉することは、まずありません。

 

何となくですが、傾向的には国内より海外、東京より大阪、法人より個人、男性より女性、若い人より年配の人の方が値段に厳しいことが多く、この条件が2つ以上ある場合に「安くしてください」と言われることが多い気がします。

 

もちろん海外と言っても、国によって違いますし、人によって違います。

 

そういえば...昔の映画で、アメリカ人だかイギリス人の女性が欧州で買い物をするときに言われた金額をそのまま払おうとして、店員さんから「あなたの国では値引き交渉をしないのですか?」と驚かれるシーンがありました。そして「何で?私はその金額を喜んで払おうとしているのだから、それでいいじゃないの?」なんて返して、世間知らずのお嬢様っぽい素振りを見せ、店員さんがクスっと笑う...という場面だったと記憶しています。

 

どちらが良い悪いでもなさそうです。

やはり国や人、立場によって値引き交渉の習慣が異なるのだと思います。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック