携帯の番号で法人営業

2020.07.29 Wednesday

この数か月で減ったものの、やっぱり1日数件は会社に営業電話かかってきます。

 

で、面白いのは、その着信番号。

 

今までだったら法人営業は必ず固定電話からでした。一番多いのはもちろん03番、あとIP電話の050番もありましたし、営業代行のコールセンターが地方にある場合は、その局番からが一般的でした。

 

それが最近は、090からの営業電話が増えてきたようです。

 

 

企業の営業マンたちも在宅でやっているのでしょう。家庭の電話を使うわけにはいかないし、会社もそのためだけに1人1人に固定電話を設置するわけにも行きません。手っ取り早く、携帯を法人契約して配っているのだと思います。

 

思うに、さらに営業代行会社やコールセンターも在宅を始めたのかも知れません。明らかにプロのオペレーターらしい口調でかかってくる電話が090発信なのです。

 

まあ考えてみても、コールセンターだからといって一か所に集まってやる必要はないのです。大手なら記録はすべてパソコン+クラウドで集中管理しているのだし、さらに改善してIP電話やツールを活用すれば、自宅からネットを使って03で発信することもできます。通勤手当を払うより、担当者の家庭のネット料金を負担する方が、実は会社にとっても安上がりですね。

 

これまで通勤が不可欠と思われていた業種が、これからどんどん在宅に変わっていく予感がします。


コメント
コメントする