生き残こる飲食店、潰れる飲食店

2020.09.10 Thursday

そんな話を最近よく目にします。エライ評論家さんたちが沢山書いていますね。私も知人に飲食関係者が多いこともあり、ついつい読んでしまいます。色々な話を聞いて、読んで、私なりに考えるのは...(当たり前ですけど)やはり日頃から経営努力、節約、集客努力に努めているところが勝ち残るということです。

 

飲食店に関しては、特に集客努力の差は大きく出ているように思います。ホームページやSNS、メールを使った新規集客と既存顧客へのアピールをやっているところとそうでないところは雲泥の差があります。また、最新ツールを使わなくても古典的な、昔ながらの方法でお客様を大切にしているところは、やはりしっかりしたファンが付いていて、どんな時でも必ず来てくれています。

 

もちろん、店側もそんなお客様の信頼を裏切らないよう、料理やサービスの品質維持に加えて感染対策を万全にすることも大切です。今の世の中で飲食店の店員がマスクすらしていないようでは、厳しい中にせっかくの来てくれた大切なお客様を失うことになりかねません。マスクをしていなければ感染するとは私も思いませんが、それによりお客様を大切にしようという姿勢、飲食店として衛生や安全への気配りが欠けていることがわかってしまいます。

 

これまで何となくでやってきた店は姿勢を180度転換しない限り、更に厳しい時代になることは明白です。

 

 

 


コメント
コメントする