コロナ禍が長引けば中小企業31万社が廃業の恐れ

2020.09.16 Wednesday

東京商工リサーチの調査結果です。

 

https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200915_02.html

 

日本の中小企業は357万社あるので、9%程度が廃業になる可能性があるということです。これは、何となく他の情報ともあっているような気がします。

 

少し前に、「飲食店の1割がつぶれる」とある飲食店のオーナーが言っていたということをこのブログで書きました。飲食店は製造業など他の業種と比べると私たちの生活に密接に関係していますし、実感としてわかりやすいし報道もされやすいのですが、もちろん他の業種だってほどんど同じです。飲食は全体の一部に過ぎません。景気が悪くなればあらゆる産業が打撃を受けるのは経済の仕組みとして当然です。

 

現時点では多くの企業がまだ致命的な傷を負っていないものの、かなりのダメージを受けていることは確かです。廃業とまではいかなくても、減収減益になる企業が多数あることは想像に難くありません。

 

少しでも早く収束してくれないと、この調査結果以上に、日本経済全体にとって莫大な影響がでてきそうで心配です。

 


コメント
コメントする