「それはあなたの安全の問題です。」という強迫メール

2018.09.20 Thursday

いかにも機械翻訳らしい日本語ですよね...。

 

本文はこんな感じです。

 

>>>>>>>

こんにちは!

おそらくあなたが推測したように、あなたのアカウントXXX@xxx.com(←実在するドメイン)は、私があなたからそれをあなたに伝えたように、ハッキングされました。

 

私は国際的なハッカーグループの一員です。
2018年7月23日から2018年9月17日まで、あなたが訪問した成人のウェブサイトを通じて、作成したウイルスに感染しました。
これまでのところ、あなたのメッセージ、ソーシャルメディアアカウント、メッセンジャーにアクセスできます。
さらに、これらのデータを完全に減衰させました。

 

私たちはあなたの小さな秘密を知っています...ええ、あなたはそれらを持っています。

==以下省略==

 

>>>>>>>>>

 

そしてビットコインでお金を払えと要求してくるパターンです。

 

怖いのは自分の正しいアドレスやドメイン、送信人名などに含まれていることです。技術的にはとても簡単なトリックなのですが、知らない人は本当に乗っ取られたと思ってしまうかも知れません。普段から「成人のウェブサイト」などを見ていて身に覚えがある人は、余計不安になってしまうのでしょう。

 

まあ、日本語が明らかに変なのでだまされる人もいないかと思いますが...。

 

ただ、こういう手口のメールは沢山ありますし、今後、今回のメールが「改善」されて更にもっともらしく、更に見分けがつきにくくなることも考えられます。

 

要注意です。

 

 


Cloud=AI?

2018.09.19 Wednesday

Googleの巨大なセミナーイベント「Google Cloud Next in Tokyo」に行ってきました。東京プリンスとパークタワーをほぼ貸し切って開催されており、恐らく日本のITイベントで単独企業が主催するものとしては最大かと思います。

 

さて、全体的にクラウドに関する割と技術的なことが中心で、今回は特に機械学習、ディープラーニングを含むAIの話が多かったような気がします。CloudとAIはもちろんまったく違うものですが、AI技術にとってCloudはなくてはならないものですし、その逆もしかりです。そういう意味では結びつきやすいのでしょう。今後はCloudとAIが同じ話の中で登場することが多くなっていくと思います。

 

今回、AIの話で1つ面白かったのは損保会社のAIによるサポートです。代理店などからの問合せメールをAIが自動で解析して、自動で答えるという仕組みで、すでに大半は正確に回答ができているらしく、ベテランのサポートスタッフと同じレベルだそうです。「AIでこんなことができるようになるだろう」という話は聞いたことがありましたが、ここまで進んでいるとは驚きです。

 

色々な職業がこの先10年で大きく変わっていくことは想像に難くありません。


パスワードは変更したでしょ、という通知

2018.09.18 Tuesday

先日Facebookにログインしようとして失敗した時のエラーメッセージです。

 

 

このエラーメッセージ、単に「エラー」と出る場合と比べて、とても親切だと思うのです。こうやって書いてくれると、正しいパスワードを(大抵は...)簡単に思い出すことが出来ます。

 

しかし、これはシステム的には結構大変なハズです。通常はパスワードなどの情報変は、過去の情報に上書きする仕組みです。しかしそうすると当然過去の情報は消えてしまいますね。この例のように「それは前のでしょ?」と判定するためには、過去の情報も記録しておかなければいけないわけです。仕組みとして複雑化し、容量の負担としても増えることになります。でもユーザーにとっては便利ですね。

 

これまで非常に大きなサービス数社で見たことはありますが、もう少し普及してくれれば良いと思います。


米国レンタルサーバの驚異的なサポート

2018.09.17 Monday

仕事柄、色々なレンタルサーバ会社と契約を結んで利用しているのですが...。以前にも書きましたが、やはり米国の大手レンタルサーバ会社のサポートは最強だと思うのです。

 

日本の大手でも、最近はランキングなどの評価が厳しいためか、各社共にサポートを非常に強化しています。一昔前と比べるとかなり良くなってきたと思います。メール問合せも大抵は当日中に返事が来るし、土日でも対応してくれるところが多くあります。

 

でもですね...。米国の大手は1ランク、いや、2ランク上なのです。

 

まずサポートの多くはメールではなくチャットです。技術的な問合せを出すと1分くらい(!)で回答が来ます。チャットでなくメールの場合でも、まず1時間くらいで回答がきます。それ以上待つことは稀です。しかもかなり正確で、親切で、詳しいのです。日本の場合は最初の回答は通りいっぺんのマニュアル的なものが多いのと比べると対照的です。

 

もちろん値段は日本と同じか、さらに安いこともあるのです。

 

そ、そして更に!

多くは365日24時間対応なのです...。

日本では滅多にありません。

 

まだまだ、この分野に関しては日本は後進国であることを痛感します。

 

 

 


宇宙へのエレベーター

2018.09.16 Sunday

日本では随分前から研究が進められていて時々話題にはなっていたようですが、私は先週米国のニュースを見ていて、初めて知りました。

 

https://www.sankei.com/region/news/180913/rgn1809130033-n1.html

 

こういう新技術、しかもこれまでの常識では考えられないような突拍子もないようなアイデアによる新技術(それも宇宙技術)って大抵は米国がダントツに強く、日本が登場することってとても少ないものなのですが....。この技術は日本がダントツな様子です。

 

嬉しいですね!

 

実現はまだ先だそうですが、是非日本がこのままリードし続けて欲しいものです。


Facebookのアルバム

2018.09.15 Saturday

お客様には、「FacebookやTwitterなどのSNSを活用することが大切です。」と言いつつ、自社はこれまでほとんど活用していませんでした。(まあ、「医者の不養生」ですね...。)

 

しかし英語圏向けのビジネスを今年から強化しているので、やはりFacebookでのアピールは避けて通ることはできません。

 

というわけで、早速先日のセミナー写真でアルバムを作り、友人などに「いいね」をリクエストしてみました。

 

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1983214148405362&type=1&l=c8ab12c05d

 

私個人のFacebookは食事やスポーツなど趣味の話ばかりなので、つながっているのも個人的な友人が9割ですが、やはり仕事にもちゃんと活用しなければいけないと思います。

 

あとは(誰もが直面する課題ですが)どうやって仕事とプライベートを切り分けるかですね...。


新ツールからのログインを警戒するセキュリティ

2018.09.14 Friday

ここ何年かで色々なネットサービスのセキュリティが徐々に強化されていると思います。あくまで私の実感値ですが、やはりGoogleが一番先に新しい方法を出して、それに追随するかのように、他の大手が似た方法を採用しているように思います。

 

例えば新しいツールからのログイン。

 

普段使っているパソコンやスマホ以外の新しいツールからログインすると、これまで使っていた端末にも警告が出るという仕組みです。これがあれば、何者かがパスワードを盗んで別の端末でログインしようとしても、本人が気づくというわけです。

 

 

写真はドロップボックスの例です。Googleアカウントでも同じような感じです。LINEは複数端末でのログインが(原則)できないような仕組みになっていた...気がします。

 

パスワードが流出したり推測されたりすることが原因での、なりすましが多数発生しています。こういうシステム面でのセキュリティ強化は面倒ではありますが、大いに歓迎すべきことだと思います。


セミナーのコメント

2018.09.13 Thursday

昨日当社が開催した「初めての海外取引」セミナーに参加された方からご意見、ご感想を沢山いただきました。(最終的には集計して発表しようと思います。)

 

「大変勉強になりました。」「これまでで最高のセミナーでした」「おもてなし精神を感じました。」「ピンクのネクタイが素敵でした。」(!)など、とても嬉しいコメントを頂戴した半面、会場や運営面などで率直な辛口のコメントも頂戴しました。

 

長年の間日本では、あまり物事を批判しない文化が強かったと思います。例えばレストランでサラダに虫が入っていても、文句を言わず、食べずに黙ってお金を払って出ていく人が多いと言われています。(これが米国なら、大抵は「支配人呼べ!」ってなるでしょう。)美しい文化だとは思うのですが、なれ合いになってしまい、相手の方も成長できなくなってしまう場合もあります。

 

当社は辛口コメント歓迎です!イベント以外でも、ホームページ作成のこと、このブログのことなど、お気づきの点はドンドンお申し付けください。

 

 


セミナーご参加のみなさま、ありがとうとざいました!

2018.09.12 Wednesday

本日、株式会社マハナコーポレーションが主催しましたセミナー「初めての海外取引」に沢山の方がご参加くださいました。大変ありがとうございました。

 

公的団体や他社が主催されたセミナーに参加して講演することは過去に何度もあったものの、自社でセミナーを主催するのは、実は初めてだったのです。わからないことだらけで手探り状態だったのですが、何とか無事終了いたしました。ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございました。不行き届きな点も多々あったと思いますが、どうかお許しください。

 

これにこりず、来年もまたセミナーを企画しようと思います。来年はもっと早めにお知らせするつもりです。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

 


AIを使った動画の編集

2018.09.11 Tuesday

少し空いてしまいましたが、先日行ったAdobeイベントで学んだ話をもう1つ。

 

AIを使った動画の編集が格段に進歩しています。これまで別のところで聞いた技術で、スポーツ中継などの録画ビデオをAIを使って編集するというのがありました。

 

例えば2時間の野球中継を録画してあったとします。その録画を2時間かけてみるのではなく、AIが2時間を10分に短縮したものを自動で作ってくれるという仕組みです。もちろん、単に後半1時間50分をカットするのではなく、2時間の中からハイライトになりそうな場面だけを自動でピックアップし、15分のダイジェスト版を作ってくれるという仕組みです。スポーツ中継なら、アナウンサーの声の調子や会場のざわめきなどでハイライトシーンを比較的簡単にピックアップできるそうです。

 

更に...Adobeの新技術を使えば、一般的なイメージビデオ、プロモーションビデオなどを同じように自動でハイライト版に短縮できるようになるそうです。例えば会社の紹介ビデオが10分あるとすれば、自社のホームページにはそのまま載せてインスタグラムには1分の短縮版を載せたいという場合に、これまでならプロが何時間もかけて編集していたのに、自動で数分間で1分バージョンができるというわけです。AIがシーンをチェックして、見せ場を判断して凝縮するというのです。

 

信じがたい仕組みですが...実現できているようです。

 

色々な仕事がますます効率化されていくことは確実ですね。