常時SSL化が本当に、本当に必要か?

2018.02.21 Wednesday

これも最近、時々ご相談いただくことなので、ここにも書いておきます。

 

去年あたりから、常時SSL、つまり全ページをSSL対応にすることが必須と言われてきていますし、私も「必須ですよ」と常に言っています。ですが、確かにログインや問い合わせフォームなどが付いていないページでは、今現在では、それほど目立ったメリットはないも知れません。

 

一般的には常時SSLにすることにより、信頼度アップ、表示スピードアップ、検索順位アップ、改ざんやなりすましの防止、マルウェア対策、盗聴防止、公衆Wi-Fiからの接続の安全性確保などが言われています。

(ご参考:https://www.websecurity.symantec.com/ja/jp/theme/always-on-ssl-merit

 

実際問題としては、私の経験上からするとスピードアップや検索順位アップは今のところはまだ微々たるものですが、信頼度アップや改ざん防止には効果があると思います。(検索順位はこれから変わってくるでしょう。)

 

やはり、個人情報を送らないサイトでも大企業は常時SSL化が進んできていますし、一応、制作会社としては付けることをお勧めします。

 

しかし、個人的に思うには...あと1年くらいは、まだ投資対効果は低いかも知れません。予算がまったくなく、フォームもログインもなく、しかも個人事業であれば、SSLなしでもう少しだけなら何とかなるような気もしています。いずれ必須になることは間違いなさそうですが。

 


デザインの要素

2018.02.20 Tuesday

いや、「デザインの要素」なんて言うと、それだけで本が何冊も書けるような話ですし、1つの学問になるくらいの話だと思います。しかしここでは、私が勝手に考えるホームページ制作上のデザイン要素について書いてみます。

 

ホームページのデザインは(大変おおざっぱな分け方ですが)下記2つの要素があります。

 

1.見かけのデザイン

2.実用面のデザイン

 

「見かけのデザイン」というのは、早い話、カッコいいか否かということですね。ホームページのことを何も知らない人でもこれは判断できますし、色々と意見を言うことはできます。

 

次の「実用面のデザイン」というのは少々クセ者です。これは使いやすさ、分かりやすさ、読み込みスピード、GoogleやYahooでの検索のされやすいか、スマホやタブレットで正しく表示されるか...などなどの要素があります。これらはホームページ制作のことをある程度勉強して知っていないとわからないはずです。

 

実用面といえば、例えばホームページを見た人がその会社の特徴がすぐにわかり、ページ移動がスムーズに出来て、問い合わせや購入まで簡単にたどり着けるような動線が考えられているかということは大変重要ですし、どんな端末でも正しく表示されるか、ちゃんと検索されるかも重要です。動画が多すぎて読み込みが遅いようなページは、たとえキレイでも実用面ではNGです。検索もされにくいはずです。

 

しかし一般的には、1が良くできていれば「いいホームページ」とされてしまうことが多々あります。制作会社ですら、1だけをデザインと呼んでいるところが多々あります。

 

私たちはホームページ制作のプロとして、1、2のすべてにおいて「いいデザイン」を目指すよう、常に心掛けたいものです。


解体屋さんの電話営業!?

2018.02.19 Monday

今日、たまたま私が取った電話、なんと、解体屋さんの電話営業でした!

 

「XXにある解体業者ですが、解体のニーズなどありませんか?」という内容なのですが...これって、どのくらいの確率で成立するのでしょう?

 

渋谷のオフィスビルに入居しているホームページ制作会社のウチにかけてくるくらいなので、まともに相手を選んで電話しているとは思えません。電話帳などで上から順に電話しているに違いありません。

 

これが例えば銀行、人材紹介、保険や投資の営業ならまだわかります。銀行と人材はすべての会社にとって必要なものですし、保険や投資も色々な会社にとって必要なものなので、沢山電話していればそのうちに当たることがあるはずです。私達のようなホームページ制作だってすべての会社に必要なものですね。近々必要でないにせよ、リニューアルをいずれ考えているという会社なら業種を問わずあるでしょう。しかし解体が必要な会社って、どのくらいあるのでしょう?よくわかりませんが、かなり確率が低いのではないでしょうか?

 

何かもっといい営業方法があると思うのですが...。

どういう戦略で電話営業をやっているのか、不思議です。

 


有料記事モデル

2018.02.18 Sunday

20年ほど前、インターネットがまだ世の中に出てきたての頃、インターネットの情報提供者がどうやって収益を上げるかということが常に議論されていました。ヤフーに代表される広告収入モデルが主流で良いとされ、ウォールストリートジャーナルのように有料会員制にするモデルは疑問視されていて、ごくわずかでした。日本も(例によって)数年遅れで同じことが議論されまさした。

 

しかし、何となく感覚的なことですが、最近、この有料モデルが増えてきている気がします。

 

 

日本でも新聞社などがやっているニュースサイトは、最初の一部分だけを表に出しておき、更に内容を読むためにはお金を払って会員になるという方法が最近多いように感じます。

 

インターネットでは本来、こういうニュースサイトでも良質の記事を書いて読者を集めれば広告収入でやっていける...というのは理想論なのかも知れません。恐らく新聞社の方々も散々悩んだあげくに、広告収入だけでは厳しく、有料記事で収益を上げることが必要だという結論に達したのだと思います。

 

インターネットの歴史は浅く、まだ創成期半ばです。これから色々な試行錯誤があり、色々なビジネスモデルができてくるのかも知れません。

 


7-11のコーヒーでボタンの押し間違え?

2018.02.17 Saturday

このニュース面白いです。

 

要するに、7-11のコーヒーでボタンを押し間違える人が多いということと、実はレジでお客さんがどのボタンを押したかわかっているということです。

 

https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/seven-coffee?utm_term=.wnZevQNaE#.uePWoV54Z

 

(ちょっと性悪説ですが、)押し間違える人に加えて、意図的に買ったより高いもののボタンを押す人も多いのではないでしょうか...?

 

これは私の勝手な想像ですが、押したボタンがレジでわかるというのは、ちょっと疑問です。わざわざそんな仕組みをつけているとは思いにくいのです。それにそんな仕組みなら、この記事に出ているような注意書きは不要だと思うのです。

 

しかし、ボタンが紛らわしいのは絶対に事実です。私自身、まずレジで「コーヒーのSサイズ」というと「レギュラーでしょうか?」と聞き返されたことが何度かあります。この「S」と「レギュラー」が店によって違うのは、やめてほしいですよね...!恐らく年配の方などはSかレギュラーかなんていわれて困る人もいるでしょう。最近は面倒なので、どの店行っても「小さいやつ」って頼んでいます。そもそも、へんなカタカナを使わず、すなおに「大」「小」にしておけば100人中100人誰でもわかることです。しかもそれで困る人はいないはずです。

 

ところで...実は、白状しますと、私もレギュラーを買って「ラージ」のボタンを押してしまったことがありました。(間違いですよ。わざとじゃないですよ。)で、結果は、なんと!レギュラーのコップにギリギリ入るんですね!

 

うーむ。確信犯がいてもおかしくはありません...。


やたらと多い下請けの営業

2018.02.16 Friday

今始ったことでもありませんが…最近、やたらとホームページ制作関係の下請けをやりますという営業メールが増えている気がします。特に海外からの営業メールが多いです。フリーランサーとして個人でやっている人もいれば、学生アルバイトもあれば、法人もあります。、業種もデザイナーやエンジニア、翻訳者など様々です。

 

でもですね…。

 

たまにメールを開いて読んでみると、往々にして、単に「XXが出来ます。」というような内容なのです。「高レベルなデザインがきます」とか、そんな感じです。こちらは既に多くの会社と付き合いがあり、更に毎日多くの会社から打診を受けているわけです。なのに、単に「XXができます」というDMを見て、どうして私がその会社を選ぶことがあるでしょうか?他にない特徴や、驚くほどの価格が書いてあれば検討する余地はあるのですが、それすらないのです。

 

下手な鉄砲は数打っても当たりません。どうせDMを大量に送りつけるのなら、受けた人の目に止まるような内容を少しは考えて送るべきだと思います。
 


最近の無料ホームページ事情

2018.02.15 Thursday

なぜか、多くのお客様から無料ホームページ作成についてご相談をいただきます。(本来ウチに聞くことではないのですが...。)

 

無料ホームページと言えば、一昔前なら広告が出るのが定番でした。デザインもかなり低レベルでした。しかし最近は、広告が一切出ずに、しかもかなりレベルの高いデザインが、素人でも簡単に無料で作れるようになっています。

 

どういう仕組みかというと...。

多くの場合、無料でできることは限られていて、その先は有料というパターンです。昔の広告モデルからフリミアム(フリーの後はプレミアム=フリミアム)モデルに移行しているわけです。出来るのはページ数限定、デザイン限定、共通ドメイン使用...といった具合です。それ以上は有料ということであれば、大抵の商売用ホームページは有料というわけです。ただし、有料でも月数千円レベルなので、かなり割安であることは間違いありません。

 

しかし、こういった仕組みのものは往々にして検索されにくいという問題がありますし、作ったはいいけど集客できないということも多々あります。ホームページのノウハウがなければ、例えば「タイトルを入力してください」「説明文を入力してください」と書いてあっても何を入れるのが効果的なのか、検索されやすくなるのかまではわかりませんね。

 

結論として、予算がない個人やスタートアップ、ホームページでの集客が不要なビジネスでは無料サービスまたは月数千円程度のサービスを上手に活用すれば良いでしょう。しかしある程度の集客を狙うのであれば、やはりある程度の費用をかけてプロに依頼することが大切だと思います。


字幕で笑わせる翻訳力

2018.02.14 Wednesday

アメリカ映画を映画館で観ていると、人によって笑うタイミングが大きく違います。英語で聞いている人と字幕を追っている人で当然ずれているわけです。

 

で、いつもすごいと思うのは、英語でしゃべっているジョークと、字幕で出てくるジョークが全然違うことです。例えば英語でダジャレを言っているのをそのまま日本語に訳してもサッパリ面白くないはずなのですが、日本語は日本語で(むりやり)ダジャレにして笑わせたり、全然別の訳にして笑わせたりしていることが多々あります。

 

これって、ものすごい翻訳技術だと思いませんか?

 

通常私たちがビジネスで行う翻訳は、まず原文に忠実に正確に訳すことが大原則。その上で自然な文章になるように整えるのが高レベルな翻訳です。でも映画の翻訳は、さらにその上のレベルというわけです。

 

ホームページの翻訳も笑わせる必要はないにせよ、営業ツールであるからには、見る人の心に刺さるような表現を考えることも大切です。映画レベルの翻訳サービスも必要なのかも知れません。


対象を絞らないから増えるDM

2018.02.13 Tuesday

街中で化粧品の無料サンプルを配っているのを見てふと思いました。

 

化粧品の無料サンプルはコストがかかります。その分、配る方も慎重にターゲットを見定めているようです。大体20-50代くらいの女性がターゲットなのでしょう。男性は完全に無視されていますし、女性でも高校生には配っていません。対象を限定しているわけです。

 

それに比べ、メルマガやダイレクトメールは宛先がいくつあっても費用はまず変わりません。(従量制の配信システムでも、それほど急激に増えるわけではないでしょう。)なので、宛先の絞り込みに、それほど力を入れず、とにかく沢山送った方がいいというわけです。

 

その結果、長年同じメールアドレスを使い続けるからには、ダイレクトメールが加速度的な勢いでドンドンと増えてくるという仕組みです。(もちろん、それだけが原因ではありませんが。)

 

もっともアマゾンを筆頭として高度なシステムを使いこなしているところなら、ターゲットを正確に絞り、さらに1人1人にパーソナライズされたメールが自動配信されています。そのレベルのダイレクトメールを配信している企業はまだ非常に限られていると思います。

 

 


「電子メール」という言葉

2018.02.12 Monday

先日書いたアップルのCMのフレーズ「コンピューターって何?」に続いてもう一つ。

 

最近、「電子メール」って言葉を、とくに会話では使わなくなったと思いませんか?

 

電子メールがまだ一部の人にしか使われていなかった20年以上も前はみんな「電子メール」と言っていた気がします。一般郵便と区別するためであり、英語の「E-mail」の訳でもありました。それが今は電話に近いくらい(ほぼ)完全普及したので、わざわざ「電子」をつけなくなったのだと思います。さらに日本語の場合、郵便は「郵便」なので、「メール」といえば自動的に電子メールをさし、紛らわしくないのも「メール」になった理由でしょう。

 

一方、英語圏では「mail」でも通じますが、郵便も「mail」なので、やはり「email」と呼ぶ方が今でも一般的です。日本語と違って短いので言うのも簡単です。もっとも、文章では、少し前までは「E-mail」と書いていましたが、最近は「email」に落ち着いてきました。大抵のスペルチェッカーにも「email」が単語として登録されたので、スペルミスになることもありません。

 

やはり言葉は時代とともに変化するものなのです。