ブラウザ今昔

2017.10.02 Monday

私がホームページ制作について勉強し始めた10年ほど前は、ブラウザといえばIE(インターネットエクスプローラー)とNetscape(ネットスケープ)が主流でした。なので制作者もこの2つのブラウザに合うようにホームページを作ることが重要でした。

 

それがNetscapeが完全になくなって、それに代わりIEのバージョンが次々に出てきて、そのバージョンによってホームページの見え方がまったく異なるため、制作者は大変な苦労を強いられていました。その後すぐに、IEが不評になったのをチャンス(?)と思ったのか、FirefoxやChromeと言った新種のブラウザーが色々と出てきました。Chromeは最初はイマイチと思った人が多かった様子でしたが、さすがにGoogleが技術を駆使して改善を重ねたため、かなり普及しました。今ではPC向けブラウザとしてはIEとChromeが二強になった感があります。あとはMACのサファリですね。

 

しかしマイクロソフトはIEだけでなくEdgeという新ブラウザを出して、一生懸命普及に努めているように見えますが、今のところ、一部を除いてあまり使われていないようです。

 

さて、Firefoxが最近減りつつあるな...と思いきや、新技術を使った新バージョンを発表しました。

 

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/02/news041.html

 

必要な部分だけを切り取ったスクリーンショット機能など、私たちにとってはすごい便利そうです。画像編集ソフトを普段使わない一般ユーザにも便利だと思います。(が、もっとも、そういう人はこの機能も必要ないし、使わないかな...。)

 

そうそう。スマホ用のブラウザはiPhoneのデフォルトであるサファリとAndroidのデフォルトであるChromeが中心です。

 

少しは淘汰されつつあるものの、やはり端末が多様化する上にブラウザも多機能化して色々な設定ができるため、ホームページの表示が異なってしまうのは仕方なさそうです。


電話が多いシステム屋

2017.10.01 Sunday

「あの人はITだから、電話じゃやなくメールで連絡してくるでしょう。」なんてことをよく聞きますが、多くの場合、これは間違いです。技術にめっぽう強い人に限って電話で連絡してくることが意外なほど多いのです。

 

思うにですね...。

 

30年前ならともかく、メールが完全普及した今、メールを書くのに高度な技術的知識や能力はまったく不要です。どんな人だって簡単にメールを書ける時代になっています。理系とか文系とか、全然関係ありません。

 

で、そうなった今では、メールを書くのに大切なのは技術力ではなく文章力。それも小説を書くような文章力ではなく、ちょっとしたことを簡潔にまとめて説明できる文章力だと思います。そう考えると、「技術者だからメールで」ということは、まったくないわけです。むしろ高度な技術力を持っている人はメールが苦手な場合の方が多いと思うのです。

 

もっとも、さらに極めるとメールと電話を上手に使い分ける人もいますね。私はメールに偏り過ぎていますが、最高レベルのIT企業などでは、わざと電話を使うこともあるようです。見ていて「さすがだな。」と思います。でも、これが本当に出来ているのは、まだ1%以下のよう気がします。私が知っている限り、「電話の方が早いから」「メールじゃ伝わりにくいから」と言う場合、単に書くのが苦手なことがほとんどです。


 


女性専用車両に女性向け広告?

2017.09.29 Friday

先日電車で最後尾の車両に乗っていてふと気づいたのですが、女性向けの広告がやたらと多いのです。

 

もしかして、最後尾車両は朝のラッシュ時に女性専用になるからかも知れません。(※首都圏の電車の大半は、始発から9時半ごろまで最後尾の車両を女性専用車両にします。)

 

電車広告出稿時にそんな指定ができるかは疑問ですが、可能性はありそうです。女性の視聴者が多いテレビ番組に女性向けの広告、子供向けアニメ番組に子供向け商品の広告を出すのと同じですね。

 

もっとも電車の場合は女性向けになるのは朝だけですが、だからと言って頻繁に入れ替えることもできませんが。

 

その点はネット広告が非常に強いところです。「女性」だけでなく、年齢層から属性まで、あらゆる条件をふかして配信することができますし、販売する商品に関係がある内容が書かれたブログなどを狙って配信することも可能です。もちろん細かい時間指定、地域指定も自由です。さらに、一度広告をクリックした人に後日再び広告を表示することも可能です。地域指定は電車広告でも可能ですが、その他はいずれも不可能でしょう。

 

目的にもよるものの、ネット広告は色々な面で便利な点があると思います。

 


スマホとマウス

2017.09.28 Thursday

こんな使い方、知りませんでした。

 

 

スマホにマウスをつないで操作することができるのです。スマホはミニUSBになっているので、通常のUSBとの変換プラグを使って接続すれば、パソコン用のマウスでスマホが操作できるようになりました。

 

なぜこんな面倒なことをしているかというと...。

 

私がサブで使っているソニーのXPERIAで、なぜか画面の感度が悪くなり、タッチしても反応しにくくなりました。それがさらに悪化して、最初の立ち上げやパスワード入力すらできなくなってしまったのです。困ってネット検索したら...やはり、同じ悩みが沢山でていました。しかも大半が私とまったく同じ機種(SO-02G)です。どうやら欠陥らしく、ドコモに行けば無料で直してくれるらしいです。

 

しかしその前に、どうしても使いたかったので更に調べてみたところ、このマウスを使うというウルトラCを発見しました。

 

まあ普段は不要ですが、何かの時のために頭の片隅に置いておくとよさそうです。


ますます難しくなった文字化け対応

2017.09.27 Wednesday

先日、ホームページの表示を全機種対応にすることや、全機種のメール設定をポートすることが出来ないということを書きました。

 

9月20日 超多様化する機種の対応

 

これに加えて、もう一つ難しのは文字化けの対応です。

 

通常の英語や日本語のメールが文字化けすることは最近はめったにありません。しかし問い合わせフォームや自動返信システムなどから届いたメールが文字化けすることはたまにあります。特に中国語は文字化けしやすい様子です。

 

文字化けの場合、他の人のパソコンで問題なく表示されていれば、大抵は使っているPC・メールソフトの文字コード設定などが、そのメールに対応していないのだと思います。

 

色々な環境で試してみて、例えばOutlook2016/Windows10の環境で文字化けせずに受信することができ、さらに、Chromeを使ってGmailにも送信してみて、やはり文字化けすることなく、無事受信できることを確認してみるといいでしょう。
 

やっぱり特定の環境でダメなら、恐らく、いや、ほぼ間違いなく、お使いのパソコンやスマホの設定の問題です。とくにスマホの場合は設定が特殊なので、文字化けすることは多いかも知れません。残念ながら私たちの方で全機種をサポートすることは出来ません。

 

マイクロソフトのサポートページを見つけたので、こちらも参照してみてください。

 

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/881816