インフルエンサーマーケティング

2017.05.16 Tuesday

早い話、芸能人や人気ブロガーにお金を払って記事を書いてもらって宣伝する方法です。

 

日本でも時々使われていますが、中国を筆頭にアジア諸国では頻繁に使われています。それだけSNS、ブログを使った口コミの威力が強いのでしょう。先日行ったITエキスポでは、これを引き受ける専門会社というのもありましたし、ネット広告会社やSEO会社がサービスの1つとしてやっているのもありました。

 

もちろん、ネットならではのマーケティングですが...。別にネットだけというわけではありません。

 

例えばテレビのグルメ番組で有名人が店を訪ねて行って、「美味しい〜。」とやるのも、インフルエンサーマーケティングと全く同じですね。これがネット時代になって、簡単にできるようになったことと、場合によってはテレビ以上に影響力が出るようになったということが大きなポイントです。

 

ちなみに、使ってもいない製品を使っているかのような書き方をしたり、明らかに事実と違うことを書いたりすると法律に抵触する可能性もあるそうです。また違反でなくても、やり方によってはユーザーから反感を買うこともあります。

 

インフルエンサーマーケティング自体は何も悪いことではありませんが、慎重に行う必要があると思います。

 

 


ネットは超・平等!?

2017.05.14 Sunday

日本は法律で平等が保障されていますし、あらゆる意味で世界に例を見ないほど平等な国です。しかし現実は、もちろん完全にすべてが平等ではありません。不公平も沢山あります。

 

ネットの世界はと言うと…日本という国の現実以上に平等です。

 

まず地域格差がありません。ネット高速回線がつながっているところであれば、田舎でも都会でもまったく平等です。同じ土俵で勝負ができます。

 

また、男女差別、年齢差別、学歴差別もありません。

 

それから大企業と零細企業の差も、現実ほどはありません。やり方次第では、資金力がない零細企業が大企業と同等に戦うことが可能なのです。こう考えると、現実をはるかに上回る「超・平等」な世界だと思うのです。

 

しかし、ここまで平等であるということは、見方を変えればライバルが非常に多いということです。入り口が広く誰でも平等に参加することが可能です。つまり、ネットでの勝負は現実以上に厳しいわけです。

 

誰でも勝つことはできますが、簡単に勝つことは絶対にできません。頑張った人だけが勝つ、非常に厳しい競争社会です。


大地震の体験

2017.05.13 Saturday

先日のIT展示会で、震度7の大地震というのを疑似体験してきました。

 

 

こんな地震体験装置が展示会に置かれていて、誰でも体験できるというので、私も早速乗ってきました。

 

震度7というと、阪神淡路大震災の最大震度です。実際に体験してみると、想像をはるかに上回るゆれでした。疑似体験だから安全とわかっていても、すごい恐怖を感じました。これが現実なら、どんなに怖いことか...と思います。

 

さて、この体験マシン、消防署などの防災用かな...と思いきや、これをIT展示会で出していたのは、データセンターのインフラを作っている会社でした。これだけの地震が発生しても最新鋭の免震装置ならゆれを吸収できるので、システムが無事保護できるというわけです。

 

これもITには欠かせない、大切な先端技術だと思います。


Japan IT Week 2017 春

2017.05.12 Friday

ビックサイトで開催されたネット業界最大のイベントに、今年も行ってきました。

全部で1,700社も出展しているそうです。

 

 

しかし...こうなると、何が何だかわかりませんね。会期の3日間まるまるかけたって全部じっくり見ることは不可能です。ましてや大抵の人は半日程度の時間で来ているので、目的をあらかじめ決めてそこだけを見るか、ざっと1周するか、そんな程度で終わってしまいます。「幅広い情報を収集」という目的では、とても無理でしょう。「幅広い」にも限度があります。

 

私がざっと見た感想では、今回はペッパーなどのロボットが受付をやっているブースが沢山あったのが印象的でした。3年前には無かった光景です。あとはセキュリティ関連のブースが増え、SEO関連、グループウエアなどのブースが減った気がします。スマホアプリ開発も4-5年前は雨後の竹の子のように沢山あったのが、ガタッと減っています。変わって越境ECや外国語対応サービスが増えていますね。

 

今回はイマイチ「これ!」というものが発見できませんでしたが、色々とトレンドを肌で感じることができたので、やはり価値はあったと思います。

 

 

 


Windows、マルウエア対策エンジンに脆弱性

2017.05.09 Tuesday

これ、今日のIT関係ニュースで各社がトップに取り上げ、話題になりました。

 

http://www.oricon.co.jp/article/189564/

 

結構専門的な話なのですが、要するに、最近のWindowsに搭載されているウィルス対策の仕組みに欠陥があって、それを悪用してウィルスを送り込むという手口があったようです。

 

これって、なんとも変な話ですよね。ウィルスソフト対策が悪用されて、逆にウィルス感染を手伝ってしまったというわけです。警察を利用して泥棒した...というような話です。

 

もちろんマイクロソフトは即日対応したらしいですが。

 

やはり唯一絶対の対策はありません。日々新しい情報を集め、出来る限りの対策を尽くすのみです。