エクセルのよくある間違い

2017.10.31 Tuesday

まあ、「よくある間違い」なんて沢山ありますが、代表的なのはこれでしょう!

 

 

上を見てパッと気づいた人はなかなかの上級者。いや、ちょっと考えればわかるものですが...私はよくやるミスです。

 

そうです。

D列で合計を計算しているのですが、対象が2行目(D2)からになっているので、一番上の59,000が合計に含まれていないのです。表を作って式を入れた後で行を追加したりすると、やってしまうミスですね。
これを避ける一つの方法としては、「数式」のタブで「参照元のトレース」というボタンがあります。押してみると、対象になっているセルに対して補助の矢印が出てきます。これにより、どこまでが含まれているか視覚的に知ることができるのです。
もっとも、その機能を使うくらいミスに気を付けている人なら、こんなミスはしないかも知れませんが。
便利なツールも使い方次第ということでした。

クレジットカード会社のシステム移行

2017.10.29 Sunday

な、なぜか、色々なクレジットカード会社から「新システムへ移行」というタイトルの連絡が連続してきました。

 

 

クレジットカードの場合、銀行や証券と違って運営会社をまたぐ集中システムみたいなものはないと思うのですが...。なぜ同じタイミングになったのでしょう?もしかして、ブランドは違っても複数の会社で同じシステムを共有しているのかも知れません。ヤフーとグーグルが同じエンジンを使っているのと同じです。あるいは共有はしていなくても、大手の会社が独占的に1つのシステムを複数社に売っていて、そのシステムがリニューアルされるのかも知れません。それとも、単にライバルに追随しているだけなのか...。

 

ちなみに大きな変更点は、これまで末締め+翌々月払いだったのが、翌月払いになることのようです。これにより販売店やカード会社は資金繰りが大きく改善されるでしょう。

 

また一般消費者としても、忘れた頃の請求(!?)がなくなるメリットがありますね。もちろん、2ヶ月先延ばし...が出来なくなるデメリットはありますが。

 


iPhoneカメラの隠し撮り

2017.10.28 Saturday

こんなニュースが業界で話題になっています。

 

iPhoneアプリがスパイ化? 

http://top.tsite.jp/news/technology/o/25885374/?sc_int=tcore_news_recent

 

つまり、iPhoneで「カメラを許可しますか」でOKを押してしまうと、アプリが勝手にビデオを撮り続ける可能性があるということです。撮られた映像がライブで配信されていることも実際にあったそうです。

 

しかしですね...。

これって、iPhone独自のことでもありません。例えばパソコンについているカメラでも同じです。

 

さらに...。

ハッキングされることだってあるわけです。例えばパソコンがハッキングされてしまうと、そのパソコンのカメラが遠隔操作で稼動して、部屋の様子などをどこかに配信してしまうということです。のぞき見の現代版とも言えます。

 

最近流行のIOTというやつで、家にある色々なツールをネットに接続して外出先からスマホ操作できるという技術が日々進歩してきています。会社を出るときに風呂のスイッチを入れておけば、家に帰ってすぐに風呂に入れるというのもや、家に監視カメラをつけて、ペットの様子をスマホでチェックというのもIOTです。

 

ただ、いずれの場合でも、セキュリティをこれまで以上にしっかりしておかないと、関係ない第三者に自分の生活を覗きみされる危険があることを認識しておかなくてはなりません。


アンケート回答にかかる時間

2017.10.26 Thursday

先日新経済連盟のイベントに参加したところ、アンケートに答えてほしいというメールが送られてきました。そのメールの中に、アンケートの回答にかかると予想される時間が書いてありました。

 

 

これですね...。欧米では大抵書いてあるのに、日本ではめったに見ません。米国は入国審査書類にすら書いてありました。「所要時間はXX分です。これに不服な場合はXX局に申し出ください。」という内容だったと思います。「いかにもアメリカ」って感じですが。

 

アンケートの回答というのは、多くの場合、ほぼ一方的に相手のために自分の時間を割いて行うものです。考えてみてください。記入に10分かかるものなら、時給1200円の人で200円、年収1,000万円超の人なら1,000円近くを相手にタダで差し上げるということになるわけです。

 

ビジネスマンにとって「時間=お金」ですし、それを大切にすることが生産性向上の第一歩です。アンケートにタダで回答させるのは仕方ないにしても、その必要時間をあらかじめ明示しておくことは、本来当然だと思うのですが、日本ではまだまだ少ないですね。

 

まあ、この辺りはさすがベンチャー企業が多い新経済連盟だと思いました。

 


世界の70%が2020年まで3G

2017.10.22 Sunday

これはちょっとショッキングなデータです。

 

一昨日このブログでスマホ版ホームページはスピードが大切な要素であることを書きました。その1つの理由としてGoogleが挙げているのは、「世界の70%が2020年まで3G回線」ということです。

 

普段9割以上都心で生活しているわれわれが、ついつい見落としてしまうことです。恐らくこのブログを読んでくださっている皆様も同じだと思います。日ごろ都心部でLTE回線を使ったりオフィスやカフェ、自宅でWIFIを使って光回線でアクセスしていると、それが当たり前だと思ってしまいます。

 

しかしこれだけネット環境がいいのは、日本や韓国など、世界のごく一部だけです。ネット先進国米国ですら、ここまで充実していない地域が多々あるのです。

 

特に私たちの仕事に関して気をつけたいのは、海外向けホームページのスマホ対応です。英語版ホームページを作ってスマホ対応にしたのはいいものの、日本で自分のスマホで表示させて満足していてはダメですね。先日のブログに書いたとおり、読み込み速度が遅いのは致命的です。ネット事情が悪い海外の考えて、さらに軽く、速くすることが非常に大切なのです。