ネットでの映画配信

2017.07.08 Saturday

米国では何年も前からありますし、日本でもこの2年くらいで一気に普及してきた感があります。私は昨日、初めて使ってみました。

 

ネットでの映画配信。NetflixやHululuが有名ですね。他にも沢山あります。

 

これが実現しているのはネットのスピードが格段に速くなったおかげでしょう。あとは著作権問題などが、日本でもある程度クリアになったおかげでもあります。

 

私が使ってみたのはアマゾンの配信サービス。たまたま「今すぐ観たい」と思った映画があったものの、レンタルでは遅いし、そもそも在庫があるかもわからないので、ネットで配信サービスを調べたところ...アマゾンで「すぐ観る」が100円だったので、即、購入してみました。

 

そうそう。これって、今まではパソコンやスマホで見るか、パソコンで受信してテレビに飛ばすのが主流だったかも知れません。でもここ数年のテレビには、テレビ自体でネットを受信できる仕組みがあり、これらの映画サービスのアプリが買ったときから入っているので、非常に便利になりました。

 

ネット時代より前は、有線でのオンデマンドサービスでした。それがネットで簡単に、しかも格安に出来てしまうのだから、超便利です。

 

これから一気に普及する可能性を秘めていると思います。


敵対意識が変に強い同業者

2017.07.07 Friday

お客様が付き合っている弊社以外のホームページ制作会社やデザイン会社などと、写真やデータファイルの一部を共有したりするために直接やり取りをすることが時々あります。立場的にライバル会社であることも少なくありません。

 

そんな時、8割くらいの会社はあくまでビジネス的に、紳士的に、常識的マナーを守ってやりとりするだけです。また、中にはびっくりするくらい丁寧な会社もあります。

 

しかしですね...。

 

残り2割は、ものすごく無礼なことがあるのです。なぜか上から目線だったり、物を頼むだけ頼んでおきながら、こちらが送ったファイルに対して何の確認返答も礼もなかったりします。

 

まあライバル会社なので敵対意識があるのかも知れません。でも、ライバルであっても敵ではないはずです。たとえ楽しくはないやり取りであっても、大人として最低限のビジネスマナーを守るのが当然と思うのですが...。若い人に多いものの、結構年配の人もいます。

 

人の振り見て我が振りなおせ。

自分たちがそういうことをやらないよう、改めて気をつけたいものです。


デジタルカレンダーとアナログカレンダー

2017.07.06 Thursday

私、カレンダーのこの部分って嫌いです。

 

2.jpg

 

第5週に週末が来るときは大抵こうなっていますね。

紙面の都合上5行しかなく6行にすることもできないので、最後の2日は無理やり押し込んでいるわけですが...。

 

これって、使う側からするとすごく使いにくいと思いませんか?

もちろんこうなる月は限られているし(2017年は3回)、これに合わせて6行分のスペースを作ってしまうと他の月は空いてしまうので仕方ないのかも知れませんが。

 

これはデジタルなら何の問題もありません。

 

1.jpg

 

その月は下に伸ばせばいいだけの話です。

 

こういうところは、やっぱりデジタルに長がありますね。


文字を目立たせるということ

2017.07.05 Wednesday

先日ポストに入っていた、郵便の不在配達通知。下の方に再配達を依頼する電話番号が書いてありました。

 

sample.jpg

 

この番号、なぜ「9」「2」「6」「2」が赤文字なのでしょう?

 

先頭文字をわかりやすくするために赤字にしたり、重要点を赤字にしたりするならわかります。でもなぜ中途半端な位置にある、数個の数字だけ赤字にしてあるのでしょうか?

 

あくまで想像ですが、こうすることにより単なる番号の羅列にアクセントのようなものがついて、間違えが減るのではないでしょうか?特に両方とも後半に2が連続していますが、この1つを赤にして目立たせることにより、ありがちが間違い「223」と「233」のミスが防げるような気がするのです。

 

恐らく、心理的なノウハウがあるのだと思います。

 

ホームページ制作にも何か活かせるかも知れませんね。

 


海外送金の電話連絡

2017.07.04 Tuesday

「マハナコーポレーション様に米国のA社からXXドルの送金がありました。指定口座に入金してもよろしいですか?」という電話連絡が取引銀行からありました。

 

私が不在であることをアシスタントが伝えたところ、折り返すように伝言があり、2時間ほどたって、今度は携帯の方にかかってきました。私は電車だったのでこの電話に出られず放置したところ、次はまたオフィスに電話がかかってきて、「明日までに必ず折り返してください。」との伝言でした。

 

こんな電話を受けたのは久々です。

 

内容は上記のことのみです。こんなことで、日中何度も電話をかけてきて、しかもこちらに「必ず折り返してください」と命令する必要があるのでしょうか?

 

で、実は...。

 

これと全く同じ仕事を、私は大学を卒業して銀行に入った時にやっていました。私が一番最初にやった仕事が、これと同じ、海外からの送金処理の仕事だったのです。確かに、私もお客様に電話連絡した記憶があります。(もちろん、ここまで無礼ではなかった...と思いますが。)

 

あれから30年。これだけ世の中が進化したというのに、まだ同じことをやっている様子です。メールやオンラインによる処理は考えられないのでしょうか?「電話しろ」というのが当局の要請だとしたら、「当局」は一体何をやっているのでしょうか?

 

信じがたいくらい進歩していない初歩的な業務。

AI、云々の前に、まだ改善することが沢山あると思うのですが。


ヤフーカテゴリ廃止

2017.07.03 Monday

これ、私たちにとって結構大きなニュースです。

 

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/29/news079.html


ヤフーカテゴリというのは、ヤフーが人力でホームページをカテゴリ分類してヤフーのインデックスに登録するという電話帳的なサービスで、グーグルにはない独自のサービスです。まだ今ほど検索エンジンが高度化していなかった頃、この人力によるホームページ分類の仕組みがヤフーの強みでもありました。

 

 

このインデックスに登録されることにより検索でも上位に表示されていたのです。商用の場合は登録に5万円もかかったのですか、審査にさえ通ればほぼ確実に上位表示されるので、SEOの最重要要素でもあったのです。ホームページを持つ多くの企業がヤフーにお金払って登録したものです。もちろん弊社も登録しましたし、多くのお客様にも登録していただきました。

 

しかしその後、ヤフーもヤフーカテゴリをあまり使わなくなり、そのうちにグーグルのエンジンを使うようになって...ヤフーカテゴリが形骸化してきました。SEO上の効果もほとんどなくなってしまいました。そして今回、廃止が発表されたということです。まあ自然の流れともいえます。

 

ヤフーは「役割を終えた」と発表していますが、私たちも同感です。

 

時代が変わったことを実感します。
 


「地図を送ってください!」

2017.07.02 Sunday

...って、最近、言わなくなりました。当たり前ですけど。

 

ほんの少し前まで、これが時々ありました。VIPが来社するときなど、事前に先方の秘書に地図を送っておくとか。まあ大抵は住所だけ聞いておいて自分が持っている地図(もちろん紙)で調べるものですが、頼まれなくても地図をファックスしておくのがより丁寧だといわれていました。

 

これは、ほぼ完全になくなったと思います。

もちろんGoogle Mapに代表されるネット地図のおかげです。

 

それから、道順説明もかなり少なくなりましたね。

こちらもほんの少し前までは、「改札を出て、右にまがって、交番の次の角を...」なんて面倒な説明を聞いて、それをメモして行ったものでした。まだやることは稀にありますが、頻度としてはかつての1/10以下ですね。そんな説明を聞いてメモしなくても、スマホで一発です。住所だってスマホで瞬時に調べられるので、聞く必要もありません。

 

最近、道を聞かれると、「あ、この人はスマホを使っていないんだな」と思ってしまいます。


AIを使った人材採用

2017.07.01 Saturday

794238.jpg今日、床屋で読んだ雑誌に書いてありました。

 

ソフトバンクなどの企業が、AIを使った人材採用を始めるそうです。もちろん、完全にAIのみですべてを決めるわけではなく、選考過程の一部に使うということだそうです。

 

まあ、考えてみたら、これもAIが得意とする分野です。候補者の経歴や資格などの条件を莫大なデータに照らし合わせてみれば、その人が仕事が出来そうな人か判断ができるわけです。

 

これまでは単純に有名大学出身なら頭がいいとか、スポーツで活躍した人なら努力家でチームワークができる人とか、そんなデータ判断でした。それに加え、色々な質問をしたりアンケートに答えさせたりして、その回答で能力を判断するというような方法もよくありました。それがAIを使えば、もっと複雑な条件や組み合わせで、仕事が出来る人か否かを総合的に推測できるというのでしょう。

 

ただ、やはり現状では最終的にはベテラン採用担当者や偉い人が会って判断するとのことです。でも、将来的には最終段階までロボットによる面接...なんてことになるかも知れません。

 


 


ヤフーショッピングのおすすめ順

2017.06.30 Friday

昨日、業界で話題になったニュースです。

 

http://www.asahi.com/articles/ASK6855PBK68ULFA01W.html

 

ヤフーショッピングで頻繁に出てくるお勧めランキングが、実は広告料を払ったところを上位表示させる仕組みだったといことです。

 

ひどい!

と、思ってしまうものの、記事を読む限りこれ自体は違法行為とかではなさそうです。

 

まあ、検索結果がお金で上下してはさすがにまずいですが、おすすめランキングは別ですし、考え方によっては、お金を払って広告を出してれたお客様を「オススメ」するのは当然のことと言えます。ただ、ヤフーほどの信頼が絶大なサービスでランキングはお金が加味されていたというのは、消費者にとってはちょっとショックですよね。

 

しかしネットだけでなく、世の中色々なところで出てくる「おすすめ」ですが、売れ筋ランキングや人気ランキングと違い、「おすすめ」の基準があいまいなことは確かです。担当者の個人的なおすすめだってありですし、新製品や話題の製品は自動的におすすめでしょう。「おすすめ」に唯一絶対の基準はありません。ユーザーから人気投票を行っているところの方が、むしろ稀...と言ってもおかしくはなさそうです。


税金のカード払い

2017.06.29 Thursday

いつの間にやら、税金をカードで払えるようになっていました。ネット上での支払い限定です。

 

もっとも私が見たのは都税のサイトだったので、自動車税や固定資産税などの地方税に限られているようですし、もちろん都道府県によって異なるはずです。また、国税はどうなっているのかは知りません。

 

さて、早速カードで払ってみようと思ったところ...

 

tax.jpg

 

なんと!

カード手数料がかかるようです。

 

これって、違反じゃないですか?

確か、日本ではクレジットカードの手数料を利用者に負担させるのは禁止だと聞いた気がします。まあ、都税事務所がこれをやっているのだから、法律違反ではないのでしょう。「禁止」というのは、実は単にカード会社の「要望」なのかも知れませんね。

 

表を見てみると結構高いです。5万円払うのに400円近くかかってしまいます。

 

まあネット+カードなら、1.銀行やコンビニに行かなくていいから超多忙な人や不便なところに住んでいる人にとっては便利、2.カードなので、実質的に後払いになる、3.カードなので、後で分割払いにすることも可能、4.カードのポイントが付く、などのメリットがあるわけです。

 

手数料とメリットを天秤にかけて判断するしかなさそうです。