ウィルス情報をオークション購入?

2017.09.05 Tuesday

パソコンなどを感染させるウィルスの入手方法をネットオークションで販売したということで、中学生が通告されたそうです。

 

このニュース、面白いと言いうか、驚きというか。

私は考えもしませんでした。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000041-mai-soci

 

さらにビックリするのは、その情報を、ちゃんとお金を払って買った人が何人もいたということです。ウィルスの入手方法をわざわざお金を払って知って、それでどうするのでしょう?誰かのパソコンを感染させて、日頃の恨みを晴らすのでしょうか?

 

で登場人物は全員未成年ということで、売った人は「通告」、買った人は書類送検だそうです。これが大人だったら逮捕なのでしょうか?「不正指令電磁的記録提供/取得」というそうです。

 

しかし、実はウィルスそのものを売買しているのではなく、「ウィルスの入手方法」という情報が売買されているのですね。実際には使われていなかったらしいのですが、取得方法の情報を提供したり受けたりしただけでも罪になるということのようです。

 

まあ、実際に拡散されなくってなによりですが。

 

今後、ますますこういう取り締まりが強化されていくと思います。


渋谷花火

2017.09.04 Monday

渋谷駅の地下通路で、「渋谷花火」というのを発見。廊下の壁が20mくらいにわたって黒くなっています。

 

IMG_9892.JPG

 

詳しい説明は読みませんでしたが、「フラッシュ撮影で打ち上げて!」と書いてあるので、試しにスマホのフラッシュをオンにして壁を撮ってみると...

 

IMG_9893.JPG

 

おおぉ〜!

見事に花火が打ち上げられました!

 

壁は何も変化していません。でも撮影したスマホで見てみると、花火が上がっているのです。しかもかなり綺麗です...。

 

どういう仕組みか知りませんが、撮る人、撮る人、「おおぉ〜!」「すげ〜!」なんて歓声を上げていました。

 

ドコモがスポンサーのようです。

この遊び心、とっても素敵です。


餅は餅屋・・・時計の修理

2017.09.03 Sunday

愛用のG-Shockのベルト部分が壊れ金具が無くなったので、自分で直そうと思いネットで検索してみたのですが...型番などなど散々時間をかけて調べた挙句に断念しました。似たようなものはあるものの、それが自分のものとぴったり合うかは確信がないし、300円の部品に送料が500円というのも、気分的にもよくありません。

 

IMG_9886.JPG

 

で、近所の時計屋に持っていったところ...3分くらいで修理完了。費用は1,000円でした。

 

もし自分で部品を取り寄せていたとしても、まず道具がなく、道具を買いに行く必要がありました。仮に道具があったとしても、準備+作業+片付けで1時間はかかっていたでしょう。

 

それが店に行けば3分で終了です。

 

まあ、当たり前ですが、餅は餅屋です。

 

(いつも書いていますが、)ホームページ制作でも同じです。

自分でも出来ることですが、道具をそろえたりやり方を調べたり...費やす時間を考えると、プロに頼んだほうが結局は安くなることが多いものです。

 

 


更新催促が少ない会社!?

2017.09.02 Saturday

先日、弊社が普段使っている、あるネットサービスに関して、「料金が未納なのでサービスを停止します。」という強烈な見出しのメールが届きました。

 

え??

クレジットカードで自動更新されているハズなのですが...。

 

その数週間前に来たメールには、下記のように書いてありました。

 

おかしいと思って問合せしたところ、その会社のサービス自体は自動更新対応になっているものの、弊社の契約が「自動更新無効」に指定してあるそうなのです。

 

なんか、変ですよね!

 

上位のメールを読んだ人は、10人中8-9人、自動更新なんだから手続きをしなくても大丈夫だろうと考えると思います。よく文章を読んだらウチとの契約が自動更新になっているとは書いていないのですが、いずれにせよ、紛らわしいことは確かです。「改善してください。」と、指摘しておきました。

 

しかし...。

 

一方では、契約更新時期になるとしつこいくらい毎日のように催促がくる会社もあります。ウザイと思うものの、上記のような1回のメールが来ただけで、次に「未納なので停止」というメールが来るよりもマシですね。

 

しつこい催促になれてしまった(?)弊害かも知れません。

 


リスティング広告のご依頼

2017.09.01 Friday

リスティング広告出稿のご依頼がしばらく途絶えていた為、私も少し怠けていたのですが、最近海外からのご相談を沢山いただくようになったので、ちょっと本格的に取り組んでいこうと思っています。

 

実験を兼ねて、自社のリスティング広告をグーグルのAdWordsを使って出してみました。

 

 

久々に使ってみると、結構いろいろな機能が変更されていますね。仕組みを理解しているとはいえ、やっぱり最初は戸惑ってしまいます。

 

「英語ホームページ作成」で検索したところ、広告がちゃんとトップに表示されました。弊社の場合は予算が極めて小さいのにもかかわらず表示されているということは、それだけ広告とホームページの質の高さが認められているということです。(注:広告掲載順は予算と質の2大要素で決定されます。)

 

この広告、ワンクリックで500-700円の広告費用が発生します。(弊社をすでにご存じのみなさん、クリックしないでくださいね〜。)

 

しかし...もちろん潜在的なお客様がクリックしてくださるのは700円でも大歓迎ですが、ライバル会社にガンガンとクリックされたのではたまりません。グーグルは連続クリックやライバル会社のクリック、いたずら的なクリックは課金対象外にする...という話を以前読んだことがあるものの、果たしてライバル会社のクリックやいたずらクリックというのをどうやって、どの程度見抜いているかは疑問です。

 

限られた予算でいかに効果的に、いかに上手に広告をだせるかは、担当者の腕にかかっています。私も、ご依頼いただくお客様のお役に立つためには、もっともっと勉強する必要がありそうです。

Apple Musicとパケット料金

2017.08.31 Thursday

半年くらい前から使い始めた、Appleの音楽配信有料サービス「Apple Music」。月980円であらゆるジャンルの大量の音楽が聴き放題なので、気に入って使っています。

 

当然、音楽を受信するためにはそれなりの通信が発生してしまうので、Wifi接続時に限定する設定にしているハズなのですが...なぜかWifiがないところでも繋がっていることがありますね。それに加えて、「どうしても今聴きたい。多少ならWifiなしの通信でもいいかな?」なんて思って、ついつい使ってしまいます。

 

すると、やっぱり私が契約している「データ定額ミニ 2GB」では足りなくなってしまい、追加料金を払う羽目になり、となると、1つ上の契約の方が得なので、結局は1つ上にアップグレードしてしまいます。

 

よく考えてみると、すっかり敵のスパイラル(?)にハマってしまっているような気がします。

 

これって、もしかしてApple+ソフトバンクの共同戦略?

 

かつてWindowsがアップグレードされるたびに高性能CPUのパソコンが欲しくなる仕組みが「Wintel」(ウィンドウズ+インテル)なんて皮肉られましたが、似ているように見えますね...。

 

まあ、無駄なく、せいぜい使いこなすしかなさそうです。


シャリ抜き寿司のアピール

2017.08.30 Wednesday

寿司の話が、なぜこのブログに...? と、思われるかも知れません。でもこの話、ビジネスとして興味深いと思ったのです。

 

http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/539/1539361/

 

寿司はご飯(シャリ)が多いので太るという理由などで寿司を避ける人、もっと食べたいのでシャリを半分にして欲しいなどという人が多いことに応えて、ご飯を使わない寿司を作り、アピールしているそうです。その他、シャリを最初から半分にした寿司も用意しているそうです。時代の流れに合わせた戦略といえます。

 

面白いのは、多くの寿司職人たちが頑固に、「シャリが無ければ寿司じゃない!」とか、「シャリを残すやつは来るな!」という姿勢なのに対して、それを逆手にとってうまく取り入れる方法を考えたということです。職人気質はともかくとして、商売としては好事例だと思うのです。

 

寿司だけでなく、世の中で批判されていること、問題とされていることなども見方をかえれば大きなビジネスチャンスになるというわけです。


新型iPhoneのうわさ話

2017.08.29 Tuesday


私は日本にまだほとんどスマホが出回っていなかったころから長年に渡りiPhoneを愛用していますが、別にアップルマニアでもiPhoneマニアでもありません。ショップに並んで買うこともありません。

 

しかしですね...。

毎回毎回、IT関係のニュースに新型の情報が大量に出てくると、無視するわけにも行きません。ついつい見てしまいます。

 

iPhone8は9月12日発売と予想されているようです。

 

ビックリするのはその値段です。まあ日本だと大半は電話会社経由で買い、分割払いになってしまうのでそもそもの価格が気にならないものの、今回はなんと11万円程度ということです。現行のiPhone7は7万円ほどなので、すごい値上げです。

 

新機能としては赤外線による3D顔認証機能、ボタンがなくなりすべてガラス画面になること、無線での充電...などと言われています。

 

しかし不思議なのは、アップルは完全秘密主義で情報を一切公開していないはずなのに、どこからそんな話がでてきているのでしょう?もしかすると...わざと少しずつ情報を流し、うわさを呼び起こしているのかも知れませんね。(考えすぎ?)

 

ま、何だかんだで、私も結局ハマっているようです。(でも新型はすぐには買いませんよ。予算もないし。)


時間がある時にやる...では絶対にできない

2017.08.28 Monday

何の話だったか忘れました。でもこの見出しだけはインパクトがあったので覚えています。

 

私の周りで多いのはビジネスブログの更新の失敗です。「週2-3回程度、時間がある時に更新する」と決めている人は、まず続きません。半年くらいやって、そのあとほったらかしになってしまうものです。ちゃんと3年以上継続できるのは10人中1-2人ですね。(まあ私の場合はこれが本業なので10年続いていますが...。)

 

必ず続けるためには、必ずやることです。

そうするとルールとしては、「週2-3回程度」ではダメです。「毎日必ず」がベストですが、そうでなければ、「毎週月曜日と金曜日に必ず」というふうに、曜日を指定して、「必ず」付きで決めておくことです。ある程度人数がいる会社なら、仕事として担当者と更新する曜日をキッチリと指定するのも手です。

 

「時間がある時にやる」ではできないことは、色々な経験でわかっていることでしょう。ビジネスブログなら途中で止まると企業イメージが大きくマイナスになってしまいます。やるならキッチリと決めて、キッチリとやることが大切だと思います。


中華料理の飲茶が日本に普及しない理由

2017.08.27 Sunday

中国や香港で安く楽しめる飲茶が日本ではイマイチ普及しませんが、その理由を先日中華料理人が話していました。

 

「最低10種類以上の点心を作る必要があり、その1品1品が非常に手間がかかるもの。だからと言って点心の値段を高く設定することができないため、人件費や材料費が高い日本では難しい。」とのことです。

 

なるほど。よくわかります。

これって、飲茶に限らず、色々な商売で共通していますね。

 

先日書いた、お客様からご相談いただくネットビジネスでも同じですし、私自身の仕事でも、「こういうサービスをやれば売れるな」と思うものの実現コストと見込み利益を考えると非常に厳しいことがよくあります。

 

飲茶だって安く利ざやが低くても莫大な数が売れればいいのでしょう。でもそれは、飲茶の習慣がある中国と違って日本では無理です。

 

物販やITで同様の場合、a)外注の方法などを工夫し究極にコストを落とす、b)ネット仕組みを上手に活用し、コストをかけずに広く販売する、c)大企業の知名度と販売力をうまく活用する、の最低どれか1つがなければ、プロジェクト自体を再考したほうが良さそうです。