昼間から社長が酒を飲む会社は潰れる

2019.05.26 Sunday

「昼間から酒を飲むヤツは早死にする」と誰かに習ったのは20歳になった時だったと思います。確かに…というのも何ですが、残念ながら40代、50代で亡くなった身の回りの人には毎日昼から飲んでいた人が多かった気がします。

 

最近、「昼間から社長が酒を飲む会社は潰れる」と聞きました。まあさすがに昭和時代ではあるまいし、今の時代に昼間から社長が酒を飲む会社もないだろう…と思ったのですが、残念ながらまだあるそうです。社長室で昼間からビールを飲み、タバコを切らさずに吸っているという社長もいるようです。

 

社長であれば、「俺の体だ。俺の好きにさせろ。」なんていうことは許されません。社長の健康は会社の健康でもあります。社長であるからには自分の健康管理も重大な責任があります。

 

誰よりも、そして何よりも自分の健康管理を大切にしなくてはなりません。


 


サンプルページの恐怖!?

2019.05.21 Tuesday

先日お客様から、「変なページが表示されています!」と言われ送られてきたURLをクリックして見てみたところ、制作した覚えがないサンプルページが表示されました。「株式会社サンプル」の山田太郎社長の挨拶文章です。確かにURLは私たちがホームページを制作し、管理しているURLなのです。

 

どうやら、ホームページを作るのに利用したWordPressというシステムにデフォルトで入っていたサンプルのようです。

 

しかし、このページはどこからもリンクされていないものなのです。サーバ上にあり特に隠してはいないもののリンクが全くない独立ページだし、何のキーワードも入っていないので検索されることはまずないはずなのです。でも確かにグーグルでヒットしてしまったようです。裏側に会社名が入っているので、もしかすると、「会社名+会社概要」などのキーワードでヒットしたのかも知れません。

 

もしそうだとしたら、ほかでも可能性はあります。WordPressだけでなく、JoomlaやECCUBEなどのCMSは必ずと言っていいくらいにデフォルトでサンプルページが入っているのです。これらの使わないページは完成時に気を付けて全部削除しておくことが大切です。

 


信じがたい軽減税率制度

2019.05.16 Thursday

軽減税率については世の中で散々議論されているし私が今さら言うことでもないのですが...。今日、用事があって渋谷税務署に行った時、改めて事の大きさを痛感しました。税務署内のあちこちにポスターがあり、パンフレットがあり、説明のビデオまで流れていました。ちょっと見てみると、多くの人がまだ理解していないとか、よくある間違いなども書かれていました。私も読んでみましたが、全部把握するのは難しそうです。

 

しかし…。

 

発想が超・頭でっかちです。政治家的というか、官僚的というか、お役所的というか、机上の空論がそのまま法令化されている感じですね。理論としては公平で正しのかも知れませんが、ユーザーの利便性を完全に無視しています。信じがたいレベルまで無視しています。こんなことは、まともなビジネスマンなら、ありえないでしょう。

 

実現されることはほぼ確実なようですが、まだ延期、撤回の余地もありそうです。

 

大混乱⇒景気の後退が起こる前に、是非中止にして欲しいものです。


簡単から超簡単になったホームページ作成

2019.05.14 Tuesday

ネットが始まったころ、ホームページ作成は一部の人しかできない特殊技術がいるものでした。いや、少なくとも多くの人がそう思っていました。それがある程度普及したころ、つまり今から10年+くらい前くらいになるとホームページビルダーなどのツールを使えって、ある程度パソコンに強い人なら2-3日で簡単に作れるようになりました。

 

それが今や...。

無料ツールやASPなどが沢山出ており、実際に触ってみると驚くくらい超・簡単に、しかも超カッコいいホームページが誰でも作れるようになっているのです。以前とは比べ物にならないくらい簡単です。恐らくパソコン初心者でも1-2時間くらいで出来てしまうのではないでしょうか?専門外の人でも片手間で出来てしまいます。しかも、パッと見たところは多額の費用をかけてプロが作ったようです。

 

と、ここまではいいのです。

カッコいいということと、お金をかけないということに関してはOKです。

 

しかし、作ったはいいけどグーグルにまったく検索されません。またURLを入れて表示させたところで何のホームページかわかりにくいため問い合わせにもつながりません。

 

このブログに何度も書いていますが、グーグルに検索されるためにはノウハウが必要です。その基準は頻繁に変わっているので、常に知識をアップデートすることも必要です。使いやすいホームページ、問合せしやすいホームページも、「かっこいい」とは別のノウハウが必要です。それらは決して片手間ではできないものです。

 

ホームページを作成のゴールは、カッコいいものを作ることでもお金を節約することでもありません。集客することのはずです。しかも今の時代、多くの会社にとって最重要ツールになっているはずです。

 

ホームぺージを作る本来の目的をよく考え、会社として時間と予算を適切に配分して制作するべきものなのです。

 

 

 


いきなり「提携しないか?」というメール

2019.05.10 Friday

なぜかですね...。

先月くらいから「提携しませんか?」というメールが海外から頻繁に来ます。

 

内容は、こんな感じです。

 

「こちらはシンガポールにあるデジタルマーケティングの会社です。提携先を探しています。興味あれば、連絡ください。」(原文は英語)

 

本当に、これだけなのです...。しかも、まったく別の国の別の会社から、似たような内容の文章で届きます。最初はスパムかとも思ったのですが、IPアドレスは違うし、内容は似ていても文章は全然違うので、スパムではないはずです。

 

それって...「提携先を探しています。」だけじゃ、当然、何のことかわかりませんよね。探しているのは販売代理店なのか、技術提携先なのか、それとも日本向けの仕事を下請けしてくれる先なのか...。また、相手がどんな会社なのかもまったくわかりません。なので、私の方も、毎回同じ文章で返事を出しています。幸い、3社中2社くらいの確率で、その次の返事がちゃんと返ってきます。大抵、地元のネットマーケティング会社で、日本向けの仕事を依頼できる先を探しているというのが回答です。

 

しかし、なぜみんな同じように簡潔すぎる問合せ内容なのか不思議です。