LPO(ランディングページオプティマイゼーション)

2007.10.15 Monday
最近提唱されるようになった、新しい考え方です。

早い話、「ユーザーが最初にたどり着くページを、いかに効果的にするか」ということです。

例えば、何か買いたいユーザーが、ヤフーやグーグルでその言葉を検索して、あるホームページにたどり着きます。そこにすぐ目的の商品があって、購入ボタンもあればいいのですが...

最初のページは30秒もあるイメージ映像だったり、「まごころサービスのXX商会」などといった会社についての漠然とした紹介文だったりすると、ユーザーはすぐに別のページに移ってしまいます。(みなさんも、そんな経験ありませんか?)

これの原因は一つにはあまりにも多くのホームページ制作会社がSEO(検索エンジン対策)に力を入れすぎて、キーワードでヤフーの上位表示されることのみが目的化してしまった結果だと思います。デザインに全力を尽くしすぎたホームページにもありがちです。

ホームページの目的はあくまで商売。わざわざ来てくださったお客様を追い返さずに引き止め、お客様のお役に立てるような工夫こそが至上課題です。

関連記事:
トップページが全面動画のホームページ(10月3日)
問合せ先の明記(9月29日)
ホームページは上半身が大事(9月3日)
見る人の立場にたっていないホームページ(8月18日)
ホームページを作成する目的(8月17日)


格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション

東京商工会議所に加盟しました!

2007.10.14 Sunday
株式会社マハナコーポレーションが、東京商工会議所に加盟しました。

東京商工会議所については、今更説明するまでもありませんが、東京に本拠地を持つ優良企業がみんな加盟している、非営利団体です。

弊社も今回の加盟により、情報網の充実を図り、一層の顧客サービス向上に努めていきたいと思います。

金庫屋さんの対応

2007.10.13 Saturday
先日、オフィスの金庫の指紋認証装置の電池が異常なほど早く消費してしまうので、金庫の製造元に電話して尋ねてみました。

すると、「装置が故障している可能性があります」と言って、住所と名前を聞かれ、なんと1週間後には新品の金庫がオフィスに配達されました。

「いつ買った?」「どこで買った?」「保証書は?」などと、ありきたりの質問は一切なし。黙って新品を配達するという、見事な対応です。

大手電気メーカーなどでは、電話すると消費者に対して次から次に質問を浴びせて、まるで消費者が悪いから製品が故障するとでも言うかのような対応もあります。

この金庫屋さんは、小規模なメーカーですが、迅速かつ丁寧で、消費者の立場にたったすばらしい対応だったと思います。



動くホームページ

2007.10.12 Friday
全面が動画のホームページが逆効果なことは、過去に書きましたが、目立つためにちょっとした動画(「GIFアニメ」など)を使うことも、時には思わぬ落とし穴があります。

new  最新情報はこちらへ!

ホームページで、よくこういうデザインを見かけますね。何年か前まで、この「new」が動いているのが嬉しかったのですが、今はそんなもので喜ぶひとはいないでしょう。それどころか...

読者の目がついついそちらの方に行ってしまい、肝心な内容から目が離れる危険があるのです。また、一箇所だとまだいいのですが、何箇所もあると、チカチカして見にくいホームページになってしまいます。

new  最新情報はこちらへ!
new  今月の新商品!
new  ニュース!

個人のホームページだとこれでも良いのですが、企業のホームページだと逆効果になってしまう場合が多々あります。

よほど目立つ必要が無い限り、通常の文字で表示しておくほうが無難です。

関連記事:
見る人の立場に立っていないホームページ(8月18日)
トップが全面動画のホームページ(10月3日)



格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション

デジタルコンビニ

2007.10.11 Thursday
数年前からすっかりお馴染みになった「デジタルコンビニ」。つまり、コピー機、パソコン、スキャナ、プリンタ、ファックスなどを時間単位で貸し出したり、印刷や製本などのサービスをしてくれる店で、大抵24時間か早朝/深夜営業をしています。都心ではキンコーズが有名です。

我々も、仕事柄よく利用します。カラープリンタ、コピー機、ファックスなど通常のOA機器は(当然)我々のオフィスにもあるのですが、ちょっと特殊な作業、例えばA3サイズの印刷だとかスキャニング、ポジフィルムからの画像取り込み、大量の資料印刷、名刺印刷などの時には便利です。値段も最近は安くなってきているので、会社にわざわざ専用の機械を置いて、メンテナンスをすることを考えればずっと格安です。また、専門店では常に最新の機器を使っているので、質もかなり高いのです。スタッフの技術も、なかなか高レベルです。

余計な資産を抱えなくても、こうしたアウトソーシングを活用すれば、我々のような小規模な会社でも大会社に匹敵するくらいの仕事は十分に可能なのです。


格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション

嬉しい、お客様からの声

2007.10.10 Wednesday
弊社がホームページを作成した新潟県の岡村商店様から先日嬉しいお便りをいただきました。

岡村商店は新潟の南魚沼市で米やくるみ、銀杏などの農産物を販売している小さな商店ですが、先日、東京都内の某・最高級ホテルからの大量注文があったそうです。ホテルで焼いているパンにいれる、くるみを岡村商店から仕入れることになったそうです。

「ホームページなしでは、高級ホテルが岡村商店と取引することは絶対にありえなかった」と、言っておられました。

ホームページを制作した我々にとって、これほど嬉しい話はありません。我々の仕事が少しでもお役に立てて、本当に良かったと思います。

格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション




結婚相談所「クローバー」様、ホームページ完成

2007.10.09 Tuesday
「40歳代からの結婚相談所:クローバー」様のホームページを作成し、完成しました。

http://www.clover40.com/



ロマンチックを演出する色、薄ピンクを基調とし、クローバーの緑色を加えた配色を使い、「恋愛、相談、安心」を演出したデザインにしました。トップは短いフラッシュ動画を入れて、イメージアップを図りました。

世話好きの女性がやっている良心的な相談所です。弊社の作ったホームページが少しでもお役に立てればと、思います。


格安ホームページ作成、英語対応のマハナコーポレーション

制作? 製作?

2007.10.08 Monday
キーワードを選ぶときに、常に頭痛のタネになるのが、漢字です。

ホームページ制作か、ホームページ製作か? 漢字としてはどちらでも正解なのですが、厳密には「制作」です。辞書によると、製作は機械的に作ることで、制作は個別に作る創作物のニュアンスがあるようです。

しかしユーザーは国語的意味を考えて検索してくれません。大抵、パソコンで上に出てきた字を採用します。ちなみに、大抵のパソコンでは第一順位は「製作」のほうです。

20台か、20代か? 20歳と20才では...? これも、すべて正解なのです。

今後は技術が進歩し、機械でもこれら全てを同一の言葉と判断出来るようになるそうですが、今のところは残念ながら別です。

キーワード選びの時にはパソコンで第一順位で出てくる漢字を重視しながらも、検索記録などを参考にして、慎重に選び、同時に漢字を数種類文中やコード上に載せる工夫などが必要です。

(ちなみに弊社の場合は、独自調査により、ホームページ「作成」が一番使われていると判断したので、主キーワードは「作成」にして、「製作」「制作」を副として添えています。)

格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション

ヤフーかグーグルか?

2007.10.07 Sunday
よく話題になることです。一般的に日本では圧倒的にヤフーが強く、米国ではグーグルが強いといわれています。統計によりますが、日本では大体6割ヤフーで3割グーグル、米国では逆にグーグル6割弱でヤフーは3割弱だと思います。

ところが...日本でもエンジニアや海外ビジネスに強い人は、ほとんどグーグルを使っています。ここに落とし穴があります!

我々ネット関係者も、グーグルを使っている人が多いのですが、自分たちがグーグルを使っているので、みんなもグーグルを使っていると錯覚してしまうのです。で、検索エンジン対策(SEO)もグーグルを中心に行ったりするのですが...でも一般的にはまだまだ日本ではヤフー主流です。

日本ではヤフーの検索エンジン対策が大切だと思います。

格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション

alt属性

2007.10.06 Saturday
みなさんのよく見るホームページ上の、画像を適当に選んでマウスの矢印を持っていってみてください。画像の上に、画像を説明する文字が見えますか?

alt属性の見本

これを、「alt属性」(あるとぞくせい)と言います。今のホームページ制作技術の主流であるHTML4.01では必要とされているコードです。この役割は大きく次の3つがあると思います。

1.画面が何らかの理由で見られなかった場合、代わりの説明となる。


alt属性の見本


2.ヤフーなど検索エンジンで何の画像なのか認識してもらう。
3.音読ソフトを使うときに、読まれる。目の不自由な方にもわかりやすい。

最近、どこかの調査では、検索エンジンではALT属性を認識していないとの話もありましたが、1や3の理由でもALT属性は重要なのです。

是非、活用してください。


格安ホームページ作成、英語ホームページ作成 マハナコーポレーション