宅ファイル便

2008.04.05 Saturday
先日、このブログに、重たいファイルを簡単に送れる、「YOU SEND IT」という便利なサービスがあり、英語版だけで日本語はない、ということを書きましたが...
YOU SEND IT(3月28日付)

そういえば、日本にもそっくりなサービスがありました!
宅ファイル便
データ便
(うーむ。どちらも、「YOU SEND IT」にそっくりだ...)

先日、お客様との会話の中に、「宅ファイル便」という言葉が出てきたので、「あっ。そう言えば、聞いたことがある気がする...」と思い出して、探してみたのです。

いずれのサービスも、無料。しかも、結構簡単です。
ちょっと使えそうな気がしますね。

ある、パートナー会社の話

2008.04.04 Friday
弊社が時々、仕事をお願いしている岡山にあるパートナー会社の話です。

ネット上で知り合い、メールのやり取りで仕事を始めたので、顔も見たことはないし、もちろんお会いしたこともありません。会社の規模も知らないのですが...

すばらしい仕事をしてくれるのです。本当にプロフェッショナルなのです。

まず、メールの対応。大抵の場合、数時間以内に丁寧かつ的確な返事がきます。最初はこれで、「あっ、信用できる人だな。」と思ったのです。その後のメールのやり取りも、一度たりとも期待を裏切ったことはありません。常に迅速、正確、丁寧です。

そして、お願いした仕事は、キッチリやってくれます。「3日以内。予算XX円。」業界非常識なお願いを、いつも弊社が無理を言って依頼しているのですが、引き受けたからには言い訳一切なしで納期をキッチリ守り、しかもビックリするくらい完成度の高い仕事をしてくださるのです。

経験・知識・才能からくる高い技術レベルはもちろんですが...やっぱりプロフェッショナリズムです。仕事はこうあるべきだと思います。

と、同業者から学ぶことはいつもながら沢山あります。

メールで24時間サポート受付!?

2008.04.03 Thursday
ときどき、見かけます。「メールにて24時間サポート受付。」

これって...よく考えたら(と、言うかよく考えなくても)ほとんど意味がありませんね。メールを24時間いつでも送れるのはあたりまえです。夜中の3時にメールを送っても、何の問題もありません。

これで、送った5分後に返事がくれば、本当の24時間サポートでしょう。でも実際は、返事が来るのは早くて翌日の朝10時ごろ。これなら、単なる9時-17時のサポートと同じわけです。

まあ、うそを書いているわけではないのですが...24時間サポートであるかのような錯覚を与える表現だと思います。

レディース・アンド・ジェントルマン!?

2008.04.02 Wednesday
ladies and gentleman...

正確にはladies and gentlemen、「レディース・アンド・ジェントルメン」です。女性が複数なので、男性も複数でしょう。

なぜか、某飛行機会社の英語のアナウンスは9割近く、「レディースアンドジェントルマン」なのです。

まあ、そう言いつつ、自分もやってしまいそうなミスですが...

とにかく、単数・複数という概念が日本語には弱いので、我々が間違いやすいところです。

「ホームページ」と「システム」2

2008.04.01 Tuesday
(前回からの続きです。)

でも、ですね...

ここ数年で、技術が大いに進歩し、従来何千万もかかっていたシステムが、今は数百万円程度でできることがあります。例えば検索システムや予約システムの簡単なものなら既存の部品や一般共有システム(ASPやAPI)をウマく使えば数十万円程度で制作できる場合もあるのです。(もちろん、完全に受注生産で特殊なものを0から作れば、やはり数百万円はかかりますが。)

かつての車やカラーテレビの例と同じく、こうした高度な「システム」も必ず普及し、値下がりします。

専門家である我々の本来の仕事は、この違いを説明して威張ることじゃありません。いかにこうした、手の届かなかった高度なものを安価で普及させるかが、本来の我々の務めではないでしょうか?

最近、色々なお客様から、「システム」に関して嬉しいご照会をいただくようになりました。ぜひとも、「システム」と「ホームページ」を同一だと思っているお客様の(予算上の...)ご期待に応えれるようにしたいものです。

「ホームページ」と「システム」

2008.03.31 Monday
「ホームページ」(英語ではウェブサイト)と「システム」。人によって定義は全然違います。

私としては、「ホームページ」といった場合は(1)企業やお店の概略、商品などを紹介するもの(2)質問や購入ができる機能が付いたもの、までが「ホームページ」。(3)検索機能、空席(空室)照会機能、予約機能、金融・証券などの取引機能…がついたものは「システム」だと思います。ヤフーやグーグルなどの検索エンジン、JALや楽天トラベルなどの高度な予約サイト、ネット証券の取引サイトなどがこの部類です。おそらく、エンジニアの多くは同じような考えだと思います。

しかし...

多くの方、特に技術系じゃない方々は3も含めて「ホームページ」と呼んでいます。それは別にいいのですが、往々にしてそういう場合は、これらすべてが同じレベルのものだと思ってしまうのです。表面的には同じに見えるからでしょう。で、こうした人々の多くが、(3)の「システム」が数万円〜数十万円程度で作れると思っているのです。

ところが...

(1)と(3)、つまり「ホームページ」と「システム」では中身は全然違います。紙芝居とプラズマテレビ、おもちゃの時計とロレックスくらい違います。金額にすると、(1)と(2)は20万円〜100万円程度(弊社は59,000円〜!)ですが、(3)は数百万円〜数千万円、中には1億円以上ということも多々あります。これらをすべて「ホームページ」の一言でまとめてしまうのは、ちょっと無理があると思います。 (つづく)

YSTアップデートか?

2008.03.30 Sunday
今回はヤフーから発表があったわけではないのですが、ここ数日で検索キーワードのよっては結果の順位が大きく入れ替わっています。

これまではインデックス更新のときやアルゴリズム変更のときは、「必ずとはいえない」と前置きしつつも大抵は発表していたのですが、今回はちょっと不気味です。

引き続き、調査してみます。

YOU SEND IT 2

2008.03.29 Saturday
で、この便利なYou Send Itですが、使用料は...タダなのです!

なぜタダかと言うと、まずは広告。これはネットビジネスでは当たり前のことです。そして、有料の上級会員への勧誘。ミクシィでも何でもこれはあるのですが、ここのは結構すごいのです。

まず無料会員だと、送るファイルが1回1個まで。で、2個送ろうとすると、すぐに警告が出てきて、上級会員へ勧誘します。さらに相手に送るメッセージが100単語まで。これも100を超えるとすぐに勧誘が出てきます。また、保存期間も2週間まで。

で、最初の上級会員は、月1,000円程度なので、「まっ。いいか。」と思って申し込むと...(ここから先は推測ですが)さらに上級レベルへと勧誘されるのでしょう。

企業などで法人会員として申し込むと、月1万円以上の費用がかかります。

まあ、それでも内容を考えると安いほうですが、これが何千、何万と増えると、かなりすごいビジネスになるわけです。

ネットビジネスとして、注目したいところです。

YOU SEND IT

2008.03.28 Friday
「YOU SEND IT」(ユーセンドイット)という、インターネットのサービス、知ってますか?(残念ながら、まだ英語版のみなのですが...)

http://www.yousendit.com/

大きなファイルを外部の人に送るとき、これまでは技術者たちはFTPという方法を使っていました。ファイルをメールに添付して送るのではなく、一旦どこかの共有サーバーに送って、受ける人はそこへアクセスして受け取るという方法です。(私書箱みたいな感じ?)

ただし、ある程度の技術的知識がいるのと、設定などに手間(と費用)がかかる欠点がありました。これを、インターネットのホームページで初心者でも簡単にできるようにしたサービスがYOU SEND ITなのです。私も多用しています。

日本にはまだありませんが、なんとなくヒットする可能性を秘めていると思います。

マークシティの桜

2008.03.27 Thursday
昨夜、渋谷マークシティの入り口に、こんなキレイな桜が咲いているのを発見!
マークシティの桜
通りがかりの人たちも、思わず立ち止まって携帯で写真を撮っていました。

「えっ?こんなところに桜が...!」なんて感じですが、都会のど真ん中で、ちょっとほっとする光景です。