不動産広告の間取り図

2008.05.24 Saturday
不動産の広告や、近所の不動産屋さんに貼ってある間取り図。自分で部屋を買ったり借りたりしたことがある人なら、いろいろと見た経験があると思います。

しかし、たかだかワンルーム〜2DKくらいの部屋だと間取りなんてほとんど同じようなものです。なのに、なぜ間取り図がこんなにどこでもあるのでしょうか?

一つの理由に、間取り図によって、その部屋に住む自分が想像できるからです。「ここにテーブルをおいて、ここにベッドを置いて...」なんて考えながら、そこに暮らしている自分を想像します。

これは実は、不動産に限らず、あらゆる営業の大きなポイントなのです。単に商品やサービスの詳細を説明するだけではなく、実際にそれを利用している自分を想像してもらうことは、営業上とても有効な手段です。

ホームページでは、具体的な使用例や喜びの声、イメージ写真や人の笑顔の写真などを掲載して、それを見たお客様になんとなく商品やサービスを利用している自分の姿を想像していだだくことは、成功するホームページの大事な要素です。

ユーチューブ You Tube

2008.05.23 Friday
日本でもすっかりおなじみになった(なりつつある?)ユーチューブ(You Tube)。アメリカの、いや世界のインターネット界で、ここ3年間で一番のヒットだと思います。昨年グーグルが買収し、大きな話題になりました。

一般人が自分の撮ったビデオや好きなビデオを投稿する、ただそれだけのサービスなのですが...自作の面白いビデオから始まって、TVの録画、DVDやネットからの流用まで多種多様なものがあります。テレビ局や音楽家などとの著作権問題で争いが絶えませんが、ユーチューブがあまりにも大きくなり影響が莫大なので、最近では米国の大手テレビ局や日本の大手出版も提携を結ぶなどして、逆に協力的になりました。

私も結構前(まだ日本版すらなかったころ)から使っていますが、最近になって、日本の古い歌謡曲、アニメのテーマソング、CDが手に入らないような洋楽までユーチューブで観れることが分かり、更に楽しんでいます。

こうして自分のサイトに貼り付けられるのも楽しみの一つです。(ただしブログによってはコード制限がありNGです。)

↑クリックして、聴いてみてください。
世代によっては、強烈に懐かしい曲ですね...

ある銀行でのこと

2008.05.22 Thursday
先日、ある銀行の支店の窓口で、個人的に新規に定期預金を作ったのですが...

なんと、1時間以上も待たされたのです。しかも、月末や10日、25日などの繁忙日ではありません。どちらかというと、ガラガラの日です。

私のミスもあり、本当はもっと時間がかかったのですが、その分を差し引いても1時間以上は待っています。

金融商品取引法など規制が強化され、本人確認なども厳しくなっているのは分かります。正確を要する手続きなので、時間がかかるのも分かります。私も、元銀行員として、手順が複雑なのも理解しています。

しかし、どんな理由があるにせよ、定期預金一つ作るのに1時間以上顧客を待たせるのは、異常事態と言うしかありません。

サブプライム問題、不良債権問題、規制強化...銀行を取り巻く環境は厳しく、課題は山積みですが、もっと基本的なこと、根本的なことが忘れられているような気がしてなりません。

アクセスを増やす方法

2008.05.21 Wednesday
ホームページを単に作っただけでは、アクセス(=閲覧数とします。)は一日せいぜい20-30件程度。放っておいて、100件を超えることはありません。

では、アクセスを増やすには、どうするか?ちょうど連続してお客様からご相談を受けたので、少しまとめてみました。

1. SEOを織り込んだ、完成度の高いホームページを作成し、維持する。
2. 取引業者、友人、親戚、その他、ホームページを持っているあらゆる人に、ホームページへのリンクを設定してもらう。
3. ブログを作成し、毎日更新する。
4. ネット上の掲示板、他人のブログ、ミクシィなどへの書き込み。
5. リンク集、関連サイト、業界サイト、ポータルサイトへの登録。
6. ダイレクトメール、メールマガジンを定期的に発行する。
7. ヤフーやグーグルなどでの有料広告。
8. 新聞や雑誌などでの広告。
9. 名刺、会社パンフレット、その他あらゆる場所でのホームページアドレスの記載。

その他、色々な方法があると思います。アクセスアップというテーマだけで本が何冊も出ているし、セミナーもあちこちで開催されています。

お金に余裕があれば、7-9のようにネットや新聞、テレビなどで広告するのも一手ですが、通常はお金より時間をかける1-6の手段を使います。

ちなみに、日本一のアクセス数を誇るヤフーの年間広告費は12億円です。更に促進費、その他に億単位の費用をかけています。

ホームページ制作というのは、このうちの1に過ぎません。2-9の努力(労力x時間x費用)なしには、アクセスアップはありえません。

87%が留学失敗

2008.05.20 Tuesday
どこかの英会話学校の宣伝で見つけました。87%の人が高い費用を使って海外に語学留学して英語をマスターせずに帰国するそうです。

私自身、英語は日本で覚えました。今では通訳や翻訳をしたり、英語を使った仕事を不自由なくこなしていますが、語学留学の経験はありません。

かなり多くの人が、語学留学に甘い期待をします。アメリカに1年住めば簡単に英語がマスターできると思っています。高校や大学受験に失敗したひとが、逃げの手段として語学留学を選ぶこともよくあります。

はっきり言って、そんな気持ちで語学を習得するは不可能です。

アメリカに1年住んで英語をマスターした人は、みんな最初はものすごい苦労をしています。言葉が通じない世界でノイローゼになるくらいの苦労をして、それを乗り越えて、語学を学んでいるのです。逆に、日本に住んでいてもそのくらいの苦労をすれば習得できますし、中途半端な勉強ではどんないい教材を使っても無駄です。

往々にして、達成してしまった人は、「いや〜。楽しかったよ。」なんて言いますが、一つの語学を習得することがそんなに楽ではないことは、明白です。

タモリマッサージ様、ヤフーで1位表示!

2008.05.19 Monday
弊社が先日制作した、博多のタモリマッサージ様のホームページが早くもヤフーで1位に表示されています。

指圧 マッサージ 福岡市 タモリマッサージ

キーワード「指圧マッサージ 博多」「指圧マッサージ 福岡市」「指圧マッサージ 天神」のいずれでも1位。その他、「マッサージ」「福岡」「博多」などの組み合わせでも上位表示です。

公開して2週間経過していないのですが、店長さんが毎日ブログを更新していることなどが功を奏して早くもランク入りです。

ただし、ヤフーも変動が激しいので、気を緩めずに、地道にリンクを張るなどの営業活動の継続は不可欠です。

ブログの効果2

2008.05.18 Sunday
(昨日の続きです。)

次は、SEO以外でのブログの効果です。

4. 会社の素顔を見せる効果
毎日一生懸命書いているブログは、やはり好感が持てます。仕事の苦労話が書いてあれば、知らない人でも人間として親しみがわくものです。仕事以外の話、家族や友達の話、趣味の話でも、人間味があっていいじゃないですか。通り一遍のことが書いてある会社のホームページと違い、初めてのお客様に親近感を持ってもらうことが出来ます。

5.ホームページでは書ききれない情報を伝える
会社のホームページには掲載しなかった細かい情報、専門的な話、最新情報などで、会社ホームページを補足する効果もあります。

その他、本当に色々な効果がブログにはあると思います。が...肝心なことは、やはり毎日更新することですね。継続は力です。

ブログの効果1

2008.05.17 Saturday
最近、お客様からよく、ブログの効果についてご質問をいただきます。

私なりにまとめてみますと、ブログの効果については、SEO上の効果とその他の効果を合わせて主に5つあると考えています。(2回に分けて、掲載します。)

1. リンクが増える効果
大抵のブログでは、その仕組み上、新しい記事を投稿するたびに、左右にある自己紹介やリンクなどの情報がそのままで、新しいページ(htmlページ)が作られます。なので、1年間毎日投稿すると都合365ページ出来上がり、365のリンクが出来上がるわけです。(ただし、グーグルでは同じドメインのページはいくつあっても1有効リンクとしか数えないようですが。)

2. ターゲットキーワードで探される効果
例えばこのブログだと、「格安ホームページ作成会社」でブログ検索すると1位に表示されます。ここから会社のホームページに来てくれるお客様を狙えます。

3. 意外なキーワードで探される効果
毎日本業のことばかり書く必要はありません。例えば昼に食べた近くのラーメン屋の話を書いてもいいのです。そうすると、そのラーメン屋をヤフーで検索した人が、そのブログを見て、「あっ、近くの店のブログだな。今度行ってみよう」と思ってくれるかも知れません。

(つづく)

ホームページ管理のみのお客様

2008.05.16 Friday
先日、あるお客様からお電話を頂き、「今あるホームページの管理だけをマハナコーポレーションでやってくれますか?」とのお問い合わせがありました。

もちろん、大歓迎です。

お話をおうかがいすると、既にホームページはあるのだけど、これまでの管理先が音信不通(倒産?)になってしまったために、管理先を移管したいとのことでした。(しかも、旧管理先には、随分高い管理費用を払っていたみたいです...)

若干面倒な手続きがあるものの、ホームページの入っているサーバーを引っ越したり、アドレスの管理先を移したりすることは、簡単にできることです。また、管理先が音信不通になって困っていたお客様にとっても、いいことだと思います。

こうした、ちょっとしたサービスを大切にしていきたいものです。

天気のいい日は、営業チャンス

2008.05.15 Thursday
科学的な裏づけがあるらしいのですが、それはともかく。

経験上でも、天気のいい日は、なぜか営業がウマくいきます。

どんな大きな金融取引でも、国際取引でも、ド偉い人との取引でも、大企業同士の取引でも、しょせんは人間対人間の取引です。雨がふっている薄暗い日よりも、スッキリと青空の広がる日のほうが気分がよく、考えが前向きになるものです。

営業だけでなく、仕事全般的にうまくいくことが多いものです。お客様に謝りに行くときも同じです。社内でも、例えば上司に有休の交渉をするときや、部下にいやな仕事を頼むとき、自分でやりたくない仕事を片付けるときも、すべて共通しています。

今日みたいな、久しぶりに太陽が照る気持ちいい日は、絶好の仕事日和だと思います。(もちろん、遊び日和でもありますが。)