スキー板にワックスをかける費用と時間

2018.05.30 Wednesday

職人さんの仕事に対する料金という話をネットで読んでいて、ふと、もう20年以上も前のことを思い出しました。

 

当時かなり本格的にスキーをやっていた私は、毎日滑ったあとで30分以上費やしてスキー板にワックスをかけていました。まあワックスがけも練習のうちだと信じて、楽しんでやっていたのもあるのですが...。

 

で、同じことを専門の人に頼むと(確か)2,000〜3,000円くらいしたのです。なので、当然、一般サラリーマンは自分でやる方を選択するものなのですが...。

 

歯医者である友人が、「私の時給を考えたら、お金払って頼んだ方が安い。」と言い切っていたのです。はっきりと覚えています。またペンキ職人である友人も、「職人が30分かけてやってくれるんだろ?だったら安いよ。」と言っていました。これもはっきりと覚えています。

 

確かにその通りなのですよね...。私もサラリーマンをやめて、今、自分で商売をやる身になって考えてみると当然のことだと思います。

 

日本では終身雇用の習慣が強いせいか、なぜか「労働はタダ」だという考えがあります。経理やシステムの仕事も自社でやればタダだと思っている経営者も沢山います。でも本当は違いますね。年収500万円の人が1時間働くと算数的には2,500円、しかし企業としてのコストや価値の創造、機会費用という意味で考えると5,000円〜1万円のコストがかかると考えるべきなのです。そうすれば社内でやるべきことと外注するべきことが見えてくるはずです。外資系の一流企業はその辺が上手ですし、だからこそ生産性が高いわけです。

 

日本は生産性が世界一低いと言われている理由がここにある気がします。

私たち日本企業も考え直す時期が来ているのではないでしょうか?


欧州個人情報保護法(GDPR)

2018.05.29 Tuesday

EU加盟国(正確にはEAA)を対象とした個人情報保護法が5月25日より施行されました。

 

これにタイミングを合わせたのか、Facebookの個人情報流失事件の影響か、この数週間でやたらと色々なところから、「プライバシーポリシーの変更について」というよなメールが届きます。普段使っている大きなネットサービス会社から全然使った覚えがない会社まで、本当に沢山来ます。日本の会社よりも海外の会社の方が圧倒的に多いようです。

 

この法律の怖いのは、現地に事務所がある企業だけでなく、ネットを通じて現地の人の情報を得た企業も対象になるという点です。なので、かなり対象が広いはずです。また、意図的に流出させた場合はもちろんのこと、ハッキングなどによって盗まれた時も報告する必要があるようです。

 

まあ日本の中小企業や個人事業に対してどのくらいの拘束があるのかは疑問ですが、一応意識して、気を付けるに越したことはありません。

 

詳しくは公的機関などの専門ページを参照してください。

(JETRO https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2018/bef14bc82cad6929.html )


結局は文章量か?

2018.05.28 Monday

最近、SEOに詳しい人たちと色々と話していて、そう思うようになってきました。

 

もちろん、まず基本的なことは沢山あります。読み込みスピードを速くすること、主要タグをキッチリ設定しておくことやxmlサイトマップをグーグルに送信すること、時々更新すること...などなどです。検索されるために、これらは最低限必要なことですし、どのホームページもやっていることなので、まずこれらをクリアしないと土俵に上がることができません。

 

あと何をするかといえば、グーグルが厳しくなった今では、リンク構築には限界があります。買うこともできません。となると、あとは中身を充実させる以外に結局ないのです。

 

極端な話、「ラーメン」について検索された場合、ラーメンについて1ページ書いてあるホームページよりも1万ページ書いてあるホームページの方が有利なのは当然です。グーグルだって人だって同じでしょう。

 

それに1万ページもの内容があるホームページなら色々な人が参考にしてくれるし、色々なところが勝手に紹介してくれ、リンクを張ってくれるでしょう。そうすれば自ずからSEO施策ができるというものです。

 

内容が増えるということは、さらに色々なキーワードやノウハウが網羅されるので、狙ったキーワード以外でも検索されるようになります。

 

尽きるところ...内容を充実させることに勝るSEO対策は無いと思います。

 

 


LINE送って電話

2018.05.27 Sunday

まだインターネットがなかった時代、文章を送る手段はファックスでした。(ファックスだって電話に次いでできた当初は画期的だったと思いますが...)

 

で、私が社会人になりたてのころは、「大事なファックスは送った後で必ず電話すること」と教えられたものです。ファックスは送信記録さえ確認すれば、届いていないという可能性は極めて低いはずなのですが、やはり電話で実際に話して確認しないと心配だったのでしょう。

 

時代は変わり、メールになっても同じことです。「メールを送りました」という電話はさすがに最近は減ってきましたが、10年も前は頻繁にあったような気がします。メールもファックス同様、エラーが返ってこなければ送られていない可能性は非常に低いハズですが、やはり電話で確認しないと心配という人も多いわけです。

 

で、さらにLINEの時代になり...。やはり同じなのです。「LINEを送りました。」と電話をかけてくる人もいます。今のLINE世代、10代、20代の人には信じがたいかも知れませんが...。こちらもファックスの時と同様、実際に声を聞かないと不安なのかも知れません。

 

ただ現実問題として、いずれの手段も100%確実ではありません。送っても見てもらっていない可能性だってあることはあります。通常、ファックスよりメールの方が、メールよりLINEの方が返事は早いですし、返事がすぐに来た場合はそれでいいのですが、返事がもらえない場合、絶対に100%確実にするためには電話しかないような気もします。


間違いやすいアイコン

2018.05.26 Saturday

これって、私だけでしょうか?

いや、絶対にそんなことはないはずです。

 

icon2.jpg

 

ドロップボックスのアイコンと、Windowsのゴミ箱アイコン。しょっちゅう、間違って押してしまいます。ドロップボックスを開いて、ゴミ箱と間違って全ファイル削除したら大変なことになる...といつもビクビクしているのですが、幸い、今のところそんなミスはありません。(もっとも、ビジネス版を使っているので最悪の場合でも自動バックアップがありますけど。)

 

あとはこちら。

 

icon1.jpg

 

これもよく間違えますね...。メモを書こうと思ってLINEを開いたり、メッセージを送ろうと思ってEvernoteを開いたり。でもゴミ箱/ドロップボックスの場合と違って何か間違えても大きな害はありませんが。

 

デザインはまったく違うのに間違えてしまうというのは、やっぱり色が似ているせいでしょう。私たちは、いかに色で物を識別しているかということかも知れません。

 


現代版・家に忘れ物!?

2018.05.25 Friday

と言っても、手帳や書類を物理的に忘れてきたわけではありません。

 

先日、自宅のパソコンで何時間もかけて書いた資料をクラウド上で保管し、会社のパソコンでも開けるようにしているはずなのですが...保存がリアルタイムで出来ておらず、会社のパソコンで開いたものは古いバージョンになっていました。

 

なんと!

こんなこともあるのですね...。

 

家のパソコンでは間違いなく保存しているはずです。でもクラウドで古いバージョンが出てくるということは、同期されていなかったのでしょう。つまり、パソコンにある新バージョンのファイルが、クラウド上のファイルには反映されていなかったというわけです。

 

仕方ありません。

家まで20分で帰れるので、会社で1から作り直すよりは家に帰ってパソコンを立ち上げてクラウドに同期させた方が早そうです。

 

手帳や書類を家に忘れてきたのと、何ら変わりはりません。

 

結局、最新のツールで最新の仕事をやっているつもりが、「家に忘れ物を取りに帰る」という何とも前近代的な事態になってしまったのでした。


世界チェーンの強み

2018.05.24 Thursday

渋谷に沢山建設中の高層ビルがありますが、そのうちのいくつかには外資系のホテルが入るようです。近年、東京の老舗高級ホテルや日本の全国チェーンのホテルは元気がないのに、外資系の高級ホテルが一気に増えてきた感があります。さらに今後も増える見込みです。

 

先日大阪で外資系のホテルに泊まっていてふと思ったのですが…。こうした世界チェーンのホテルは、外国人観光客を取り込むのが実に上手です。当たり前ですが、スタッフ全員が英語に長けていますし、サービス、施設など色々な点で異文化に対応できるようになっています。

 

そして…何よりも強いのは、世界中に集客ネットワークがあることでしょう。世界をターゲットとしたネットでの営業はもちろん、世界各地の旅行代理店を通しての営業もお手のものです。日本の景気が悪い時でも景気がいい国から集客できるのです。この点、長年国内営業にほぼ特化していた日本のホテルは非常に弱いのではないでしょうか?

 

これはどんな業種でも同じです。世界的にマーケットを持っている会社は国内に特化している会社に比べて、国内が不況のときでも対応力があるというわけです。

 

私たちも規模は小さいものの、世界をターゲットにマーケティングしていきたいところです。
 


メールの送受信ができなかった場合の、ありがちな原因

2018.05.23 Wednesday

メールの調子が悪いという話は、頻繁に耳にしますね。もちろん弊社が管理しているお客様のメールが調子悪いというのは私たちにとっても重大な事態ですので、出来る限りすぐに調べるようにしています。

 

調査した結果、多くの場合の原因は次のいずれかです。

 

a)メールボックスが一杯になっている

b)携帯メールなどへの転送がセットしてあり、その転送先がエラーになっている

c)サーバ自体に不具合がある

d)ブラックリストに誤掲載されている

 

私の経験では、aが5割くらい、bが3割くらいの確率です。

aの場合、サーバのメールボックスに届いたメールをパソコンで受信したものの、メールボックスにもそのまま残していると、だんだん蓄積されていき、一杯になってしまいます。bは特に最近、スマホのアドレスに転送する方が増えてきましたが、スマホのアドレスは重量制限が厳しく添付ファイルが受け取れなかったり、そもそもスマホを買い替えたのに古いアドレスへの転送設定を残している場合などによく起こります。

 

詳しくはこちら:http://mahanacorp.jugem.jp/?day=20110722

 

メールの送受信ができなかった場合、あせらずにエラーメッセージなどをグーグルで調べてみてください。意外と簡単に直ることがよくあります。

 


丁寧すぎる日本語の直訳

2018.05.22 Tuesday

日本語は必要以上に丁寧なことがよくあります。

 

例えば、近所の大衆中華料理店でメニューにこんなことが書いてありました。

 

 

「マヨネーズ:50円」と書いておけばすむことなのに、これを長い文章にしています。(しかもちょっと変です。)

 

で、Google翻訳するとこんな感じです。

Customers who wish mayonnaise will prepare with 50 yen + tax.

 

やはり元の日本語で主語がわかりにくいからでしょう。この英文だと、マヨネーズを希望する人がマヨネーズを用意することになってしまいます。日本語が完全にわかる人なら「ご用意いたします」敬語の使い方から、主語、つまり用意する人は店員だと理解できるのですが、機械だとこの文章の主語は「お客様」だと判断してしまうのでしょう。まあこれは日本語の原文にも問題がある気がしますけど。

 

これを格安翻訳者や一直線(?)な翻訳者が訳すと、「For customers who wish mayonnaise, we will prepare it for 50 yen + tax.」のような文章になってしまうかも知れません。しかし英語圏の人が読むと、かなり違和感があるはずです。

 

もちろん正解は「Mayonnaise:50YEN」ですね。

 

文化の違い、商習慣の違いまでを考えた翻訳は、やはり難しいものです。


一日を台無しにする朝の習慣

2018.05.21 Monday

タクシーの中にあったTVにこんな見出しが出ていたので、早速QRコードを読み込んでスマホで読んでみました。

 

https://forbesjapan.com/articles/detail/20765?cx_art=trending

 

スヌーズボタンを押すこと、SNSなどをチェックして時間を無駄にすること、朝食を適当にとる...などなど、思い当たるフシがあることばかりです。

 

スヌーズを押して5分長く布団に留まるのが無駄というのは、確か大前研一さんも似たことを言っていた気がします。その5分では疲れは取れないので、(そこで自分に負けずに頑張って)早く起きた方が得なわけです。朝の貴重な時間にSNSをするのが無駄なのは明らかですし、朝食の重要性は一般的にもよく言われていますね。私は年1回の健康診断の朝以外朝食を抜くことはないものの、簡単に済ませてしまう事は時々あります。でもやっぱりしっかり食べた日の方がパワーが沸いて充実するのは、経験的にも間違いなさそうです。

 

私も早起きはしているのに無駄に過ごすことが多いので、見直す必要がありそうです。